先日、amazonで購入したワットチェッカー(plus TAP-TST7)が届きました。

先週の土曜(10月8日)に秋葉の電気街で安くなっているものがないか探したのですが、
圧倒的にamazonの方が安かったので、秋葉から帰宅した後amazonで購入。

標準価格¥12,390の製品ですが、¥5,200と非常に安価でした。



こんな感じにしっかりと包装されていました。

・・自分は昔から通販大好きなのですが、
ダンボールの処理は大嫌いです。

崩すのが大変&面倒くさくて・・



配送を普通の便で頼んだので、製品価格(¥5,200)のみ。

有料となりますが、当日注文で当日届けてくれるお急ぎ便などもあります。
前に一度利用した事がありますが、その時はかなり助かりました。



10種類の測定が出来る検電器とあります。
10種とは、電圧、電流、電力、皮相電力、電源周波数、力率、積算電力量、積算時間、積算料金、CO2換算。

主にマシンの消費電力を調べるつもりでしたが、
色々測定してみると面白そうです。





とりあえず簡単に使ってみます。

まずは「Thinkpad T61」の消費電力。
普段使用している状態での消費電力を計測してみました。



消費電力は46W。
iTunesや、ブラウザなどを起動させているくらいで、たいした事はしていません。



時間当たりの電気料金は、おおよそ0.98円。

T61は1日大体3時間程度で平日メインの使用ですので、月に20日使用するとして、
0.98×3×20= 58.8円。




次、Thinkpad X60。
これはかなり使ってます。



消費電力は47W。

タブを20位開いたChromeとかFirefoxに、その他幾つかのソフトウェアを起動、
フォルダもファイルも常に5~10位は開いています。



時間当たりの電気料金は、おおよそ0.94円。

ですがT61とは異なり、X60は1日大体13~15時間程度の使用で起動させない日はありません。
休日は半分の7時間程度の使用になるとして・・

(0.94×14×20)+(0.94×7×10)= 329円。

※1日の利用時間が13~15時間なので、間を取って14時間


大体こんな感じ・・あまりたいしたことは無いですね。
消費電力の大きいPCだと、同じ時間でもかなり電気を食いそうです。





次、掃除機。
近くにあったので測ってみました。

最も強力なモードにして消費電力は993W。
さすがに高いです。



時間当たりの電気料金は2.52円。
高めですが、長時間つかうものでもないのでたいした事はなさそうです。




次、何か手頃なものはないかと家の中を探し回り、ドライヤーの電力を計測。

ドライヤーのパワーを最大にして、消費電力は1072W。



時間当たりの電気料金は4.32円。
まあこれも何時間も使うものではないですが、消費電力は高いです。





他、何か面白いものがないか探そうと思ったのですが、疲れたのでやめました。
次からは、本来の目的に使おうと思います。

ワットチェッカーplus TAP-TST7の詳細