先週の平日の事ですが、関西にいる友人がCEATECへ行く為に東京に来たので、
開催前日の晩に新宿で一緒にご飯を食べました。

自分も行きたかったのですが、今年は忙しくて日中出るのが難しかったので断念。

昨年はこの友人と一緒に朝から晩まで色々なブースを周ったのですが、
今年は本当に残念です・・といっても激混みになりそうな土曜に行く気は起きませんでした。
(昨年のCEATECの様子→ CEATEC JAPAN 2010 に行って来ました

そんなわけでCEATECには行けませんが、
ご飯は食べようという事で、新宿で待ち合わせして出かけてきました。



新宿駅東口で待ち合わせです。
超方向音痴の私ですが、東口だったら確実に間違わずにいけます。



しかしありえないくらいすごい人。
いつもの倍位の人口密度です。



とりあえずピックアップしてきた店が歌舞伎町の方なので、歩きます。



目的は「バンタイ」という、東京では人気の高いタイ料理の専門店。
ここはランチには何度か行った事があるのですが、晩に訪問するのは初めて。

料理はタイ料理なだけあって辛めなものが多いのですが、すごく美味しいんです。



バンタイの上には「焼き肉 小倉裕子」があります。

ここは前から気になっていたのですが、調べてみると小倉裕子が経営陣の一人であるとか、
それは間違いでイメージキャラクターだとかよくわかりませんけど、
私的には美味しかったらそれで良いのではと思います。



バンタイの入り口です。
タイ特有の人形も飾られています。



店内はこんな感じ。
この3倍くらいの広さがありますが、人気店な為、予め予約をしてくる人も多いです。

私達が訪れた時間帯はちょっとご飯には早めだったので、空いていました。



タイ料理の店は、大抵このような凝った装飾品が飾られている事が多く、
それをみるのは結構好きです。

特に、タイならではの料理のミニチュアの飾りは大好きです。
(ミニチュアは結構色々な店で見かけます。ものすごく作りが細かいのです)




テーブルにつき、早速注文。

こちらのコースを注文しました。

本当はレディースコースにしようかと思ったのですが、
サービスコースにしました。



梅サワーを注文。

アルコールに弱いのであんまり飲めないのですが、
梅系の酒だったら最後まで美味しく飲めます。

でもちょっと薄めでした。



注文後しばらくして、料理が運ばれてきました。



こちらは生春巻き。
チリソースにつけて食べます。

これは全然辛くありません。
ちょっと辛めの方が好きなのですが・・




というわけで

4種の調味料登場。



こちら唐辛子。
粗引きで、日本の唐辛子ほど辛くは無いです。



白砂糖。
自分はタイ料理を食べるとき、調味料の中で砂糖だけは使った事がありません。



そして酢。
・・ですが、唐辛子が漬け込まれていてピリッとします。

これをほんの少しだけ、チリソースをつけた生春巻きにかけて食べるのが好きです。

ちなみにあと一個の調味料はナンプラー。
日本で言う魚醤の事で、やや臭みがあります。

タイ料理には欠かせないです。



胡瓜と豚肉のサラダ。
タイのサラダはボリュームがあって、すごく好きです。

甘酸っぱさと唐辛子の辛さ、ナッツのコクと歯ごたえとか、
止められないとまらない美味しさです。



こちらはイカと野菜の甘辛炒め。
これは辛くないです。



鶏肉のサテ。
赤色のソースをつけて食べます。

鶏肉自体に辛味があります。
ソースはタイカレーの味。



そして鶏肉のパネーンペースト炒め。
鶏肉のカレーの事です。

タイカレーは、ココナッツミルクたっぷりでかなり脂肪分は高めですが好きです。
前は家でもペーストとココナッツミルクを買ってきて作ってました。



少し時間をおいて、「センミートムヤムクン」というスープ麺が運ばれてきました。



ビーフンの入ったトムヤムクンスープです。
器は小さく見えますが、量は結構多めで程よい辛さ。

もうおなかがかなり苦しいです。




そして最後

定番のデザート、タピオカココナッツ。



味はどこの店もさほど変わりませんが、
バンタイのはココナッツミルクが濃い目で美味しかったです。





という具合に、おなかが苦しくなるまで食べて暫く話をした後、
店を出て新宿を歩きます。



カラオケに来ました。
口の中をさっぱりさせたかったので、珍しくトマトジュースを注文。



カラオケ映像があまりにも変すぎる時があって、
笑いをこらえるのに必死でまともに歌えませんでした。




そのような感じでしばらく過ごした後、また移動。

おなかが苦しかったのがだいぶ解消されたので、
駅からまあまあ近い場所にあるカフェに行きました。



私はハーブティーとミルフィーユを注文。



ハーブティーはポット毎持って来てくれます。

何のハーブなのかを聞くのを忘れたのですが、ローズヒップでしょうか。
マーマレードのジャムのようなものが添えられていて、入れるとほんのり甘くて美味しいです。



ミルフィーユは、パイに生クリームやカスタード、苺がサンドされています。



友人はりんごのシブーストと、コーヒー系の飲み物。





・・食べながら色々話をし、程よい時間になったので帰宅する事にしました。



駅へ向かいます。
ちなみに、今日はステーションスクエアでは何もイベントは行なわれていませんでした。





という感じの半日でした。
気を使わない友人なので、色々話せて楽しかったです。

今年のCEATECはいけなくて残念でしたが、
年末にかけてまた小さいIT系イベントが増えてくるでしょうから、
そちらを楽しみにしようと思います。




大きな地図で見る