かなり前・・今年の5月頃に「Eye-Fi(無線LAN内蔵SDカード)」を購入したのですが、
ずっと使わないまま放置していました。

購入した当初は忙しかった為、後で設定しようと思っていたのですが、、
引越しのバタバタで行方不明になってしまい、探す気力もなくそのまま放置状態になっていました。

ですが今朝、プリンタの箱の底に埋まっているのを発見。

というわけで早速設定してみました。



これを買おうと思ったのは、デジカメで撮った写真をPCを介せずにiPhoneの方へ転送したかったから。

Eye-Fiにも幾つか種類があり、無線LAN環境が必要なもの、
そして少し価格が高めになりますが、無線LAN環境がなくても各端末に送信可能な
「ダイレクトモード」という機能を搭載したものがあります。

自分はいつでもどこでもiPhoneに画像を転送したかったので、
ダイレクトモードを搭載した8GBのEye-Fiを購入しました。



箱を開けると、8GBのEye-Fiが2枚入っていました。



一枚は残念ながら紙でした。



こちらが本物。




とりあえず設定します。

ちなみに、購入した当時はiPhoneに設定するつもりだったのですが、
最近は余りその必要性がなくなった為、今回はPCに転送するように設定してみました。

Eye-Fiの刺さったUSBをPCに接続します。



するとセットアップウィザードが表示されるので・・
(Autorunを有効にしている場合)



そのまま表示にしたがってインストールをすすめていきます。



途中、ファームウェアのアップデートなどを求められるので、
そちらも画面にしたがってダウンロード&インストールを行ないます。



インストールが終わるとカードが認識され、Eye-Fi Centerが起動します。
ここでアカウントを作成。



ネットワークの設定を行ないます。
基本的に家で使用するので、家の無線LANを登録しました。

1枚のカードにつき32箇所まで無線LANの登録が可能です。



画像の保存先の表示と、Eye-Fiサーバーに画像を保存するかしないかの選択。



オンライン写真サービスを利用するかしないかの選択。



今の所必要がないので、下を選択。



同じように、オンライン動画サービスを利用するかしないかの選択。
とりあえず「後で行います」を選択。



設定完了です。
早速Eye-Fiをカメラに入れ、テストしてみます。




とりあえず・・

すぐ側にあったタコの人形を撮影。



撮影する側からPCに転送されていきます。



転送した写真は、ダウンロード先のフォルダに時系列でフォルダ分けされていきます。

なお、ダイレクトモード(無線LAN環境が無くても使える)を使用するには、別途アプリが必要ですが、
今は特に必要性を感じないので、また必要があったら設定する事にします。



ちゃんと保存されています。

これで、今後は写真の転送にカードを抜き差しする必要がなくなります。
カードの抜き差しなんて僅かな手間ですが、家で実機等の写真を撮る事が多いので、
その手間が省略されるのは結構楽です。




しかし、無線LAN環境で使用するんだったら、
わざわざダイレクトモードのEye-Fiを買わなくてもよかったんじゃあとか思ったり・・

ですがいつか使うかもしれない・・ということで、
いずれ使う時までダイレクトモードはおいておきます。