2011年9月27日(本日)より、レノボのウェブサイトで
ThinkPad Tablet 」の販売が開始される事が発表されました。

ThinkPad Tablet

今回直販で販売される ThinkPad Tablet は、同年8月2日に発表された法人向けの製品と同様の製品。

8月2日に発表された時点では、ThinkPad Tabletは法人向けの専用モデルで、
個人に向けての販売は未定(予定はあるが)とされていました。

その後、販売されると決まった後もウェブの販売開始は10月とアナウンスされていたため、
出るのはもう少し先になると思っていたのですが、予想に反して早いウェブでの販売開始となりました。

製品の特徴としてはサイズは10.1型(1280×800、IPS)、
ディスプレイ部には、堅牢性の高いコーニング社のゴリラガラス(X1と同じ)を採用しており、重さはペン(ThinkPad Tabletペン)を含まず約743g。

プロセッサにはTegra 2、1GBのメモリを搭載し、
SSDの容量は16GB、32GB、64GBの3種で、32GBと64GBに関してはThinkPad Tabletペンが付属します。

ちなみに現在(2011年9月27日)、直販のカスタマイズ画面にはAndoroid 3.0と記載されていますが、
実際にはAndoroid 3.1を搭載しているとの事。

最小構成価格は¥47,040(税込)からとなります。


以下、主な仕様です。


【ThinkPad Tablet の主な構成】

OS Andoroid 3.1
プロセッサ NVIDIA Tegra 2(1GHz/デュアルコア)
メモリ 1GB(LPDDR2 600MHz)
SSD容量 16GB/32GB/64GB
ディスプレイ 10.1型ワイド(1280×800/IPS/ゴリラガラス)
無線機能 802.11b/g/n、Bluetooth 3.0
内蔵カメラ 前面200万画素、背面500万画素
センサー GPS、加速度センサー、光センサー、e-Compass
インターフェース Mini-HDMI、USB2.0、Micro-USB、マイク入力&ヘッドフォン出力のコンボ、3in1メディアカードリーダー
バッテリー 約759g(ペン付属)、約743g(ペンなし)
サイズ 2セルリチウムポリマー(駆動時間:約9時間)
重量 約759g(ペン付属)、約743g(ペンなし)
カラー ブラック

冒頭にも記載しましたが、16GBの最小構成モデルで¥47,040
32GBでは¥54,390、64GBでは¥61,950(いずれも税込/2011年9月27日現在)。

様々なセキュリティ機能やビジネス関連のソフトウェアを搭載するなど、
ビジネス向けに最適化されている一方で、ビデオ鑑賞やAngry Bird(高解像度版)といった
エンターテインメント系のソフトウェアなども標準搭載されており、ビジネス以外にも活用する事ができます。

また標準保守は1年ですが、最大3年まで延長する事も可能など、
サポート面でも非常に充実した内容となっており、様々な点で面白そうな製品です。



ThinkPad Tablet