2011年9月15日 日本HPより、個人向けPC製品の冬モデルが発表されました。

今回発表されたモデルはノートPCが6モデル、
デスクトップPCとオールインワンPCあわせて8モデルの合計15モデル。

実は先日、この冬モデル新製品の発表にさきがけ、
市ヶ谷で日本HPの冬モデル製品説明会が開催されたのですが、
そこで今回発表となった冬の新製品に触れてきました。

というわけで、ここではその新製品の内容と夏からの変更点について簡単にまとめてみました。
(各製品の詳細については後の記事で触れるつもりです)





今回発表された具体的な製品は、以下の14モデルです。

【ノートブックPC】

ENVY17-2200
ENVY14-2100 Beats Edition
dv7-6100
dv6-6100
g6-1200
g4-1200

【デスクトップPC・液晶一体型】

TouchSmart 610PC
TouchSmart 520PC
TouchSmart 320PC
Omni 220PC
Omni 120PC
Pavilion Desktop PC h8シリーズ
Pavilion Desktop PC s5シリーズ
Pavilion Desktop PC p7シリーズ


ノートブックの変更点から。

今回、ノートブックは更なる基本性能の強化という事で、
殆どのモデルに最新のプロセッサを追加、そして幾つかのモデルでその他のオプションが若干変更となりました。

筐体は夏モデルを継承する形になっているため、見た目は現行のモデルと変わりません。




まずはHP ENVYシリーズの主な変更点です。

【ENVY17-2200】
Core i7-2670QM、160GB SSD+640GB HDDが追加(量販店)

SSDを搭載したモデルを初めて量販店で販売するという部分は、
冬モデルにおける大きなアップデートのポイント。

【ENVY14-2100 Beats Edition】
Core i7-2670QM、160GB SSDが追加(量販店)
Core i7-2670QM、Core i3-2350Mが追加(HP Directplus)

その他、2011年夏モデルから継続しているサービスとして、ENVYを購入されたユーザーには、
「ENVYノートブックPC 専用サポートセンター」を用意。

さらにENVY17の量販店モデルには、3年保証を標準で添付しています。



ENVY14-2100 Beats Edition
ENVY14-2100 Beats Edition




次にHP Pavilion dvシリーズの主な変更点。

dvシリーズの基本的な変更点は、新しいCPUを追加したという部分。
その他に関しては、現行の夏モデルと同じとなります。

dvシリーズに関しては、型番も夏モデルと同じです。

【dv7-6100】
Core i7-2670QM、Core i5-2430Mの追加

【dv6-6100】
Core i7-2670QM、Core i5-2430M、Core i3-2330Mの追加(HP Directplus)
量販店モデルに関しては現行のモデルを継続販売



dv6-6100
dv6-6100




そしてHP Pavilion gシリーズ。

gシリーズの最も大きな変更点は、
他のノートと同じで新しいCPUを追加したという部分。

あと、これまではg6とg4でカラーを分けて(ソノマレッドとチャコールグレー)販売していましたが、
冬モデルからは両モデルで2種のカラーを選択できるようになりました。

【g6-1200】
Core i5-2430M、Core i3-2330Mの追加

【g4-1200】
Core i5-2430Mの追加

g4は、これまで2GBのメモリなど若干スペック低めの構成で販売していましたが、
冬モデルからは4GBメモリと640GB HDDを搭載し、
より快適にお使い頂ける構成へとアップデートしました。



g6-1200他
手前g6-1200、奥がg4-1200




次にデスクトップPCとオールインワンPCの変更点ですが、長くなるので記事を分けます。