HP ENVY17-2100 のレビューの続きです。
(前記事→ HP ENVY17-2100 レビュー 17.3型最上級ノートPCの外観・底面内部パーツをチェック

今回は、掲載している ENVY17-2100 の構成やベンチマークの結果を掲載してみました。

ENVY17ロゴ

前の記事でも簡単に触れましたが、この ENVY17-2100 は、
HPの個人向けノートでは最上級モデルに位置づけられるハイパフォーマンスマシン。

同じ17.3型でも性能やカスタマイズ性重視のdv7とはやや異なり、
どちらかというとブランド性を重視した製品となるのですが、内容はかなりハイスペックです。

今回掲載している ENVY17-2100 は、ENVY17で提供されている構成の中では
大体中程度の性能を持つパーツを搭載したモデルで、最上位構成ではないのですが性能はかなり高め。

基本構成で外部GPUを搭載しており、高負荷でなければPCゲームもプレイ可能ですし、
画像や動画の編集ソフトを使用しての作業も快適に行なえます。


というわけで、今回はその ENVY17-2100 の構成や、ベンチマークの結果等を掲載してみました。




まず最初は ENVY17-2100 の主な構成です。

ENVY17-2100 CPU-Z

【HP ENVY17-2100 の主な構成】

OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
プロセッサ Core i7-2630QM(2.0GHz/TB時最大2.90GHz)
チップセット HM67 Express
グラフィックス Radeon HD 6850M(1GB)
メモリ 4GB(2GB×2/PC3-10600 DDR3 SDRAM/最大8GB)
ストレージ 640GB HDD(7,200rpm)
光学ドライブ ブルーレイROMドライブ(スロットイン方式)
ディスプレイ 17.3型フルHD(1,920×1,080)、光沢あり
無線機能 802.11a/b/g/n、Bluetooth3.0
バッテリー 6セル(駆動時間:約3時間)
サイズ 417×275×32~40(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約3.29kg

上記構成で、現時点(2011年8月22日)の価格は大体13万円台半ば

CPUをCore i5-2410MからCore i7-2630QMへアップグレードし、その他は光学ドライブやディスプレイなど、
パフォーマンスにそれ程関係のない部分のみカスタマイズを加えています。

そのような内容ですが、グラフィックスが標準でRadeon HD 6850M搭載となっており、
それ程カスタマイズを加えなくても性能は結構良いです。
(最小構成でも性能はそれなりに良いと思います)

ただ、他のシリーズのように5~6万円台の低価格な構成のモデルは初めから用意されてない為、
低価格モデルが欲しいという方には不向きです。
最初からそれなりのスペックの製品購入を考えられている方に適したモデルだといえます。


ちなみに、低価格な構成のモデルが用意されていない理由ですが、
この製品には標準で画像や動画の編集ソフトが複数搭載されており、中身が他のシリーズと比べて充実しています。

それに加えて動画編集などは、それなりの性能を持ったマシンでなければ快適に行なえませんので、
下位モデルであっても、それらのソフトウェアが快適に動く内容で構成されており・・
安価なモデルは提供されていませんが、内容を考えると決して高価ではありません。

最近は、写真加工や動画の編集などを趣味でされる方も多いと思いますので、
そういった方には特にお勧めのモデルだと思います。





次に、上記構成の HP ENVY17-2100 のベンチ結果を見ていきます。

【Win エクスペリエンス・インデックス】

ENVY17-2100 エクスペリエンスインデックス

プロセッサ 7.4
メモリ 7.4
グラフィックス 7.1
ゲーム用グラフィックス 7.1
プライマリ ハードディスク 5.9

基本スコアはプライマリ ハードディスクの5.9。
その他のスコアは全て7以上です。

性能に関わる部分のカスタマイズはプロセッサのみである事を考えると、
基本構成のモデルの性能自体がかなり高めである事がわかります。

ちなみに、このモデルはプロセッサ内蔵GPUと外部GPUを切替えて使用することのできる
スイッチャブル・グラフィックスに対応しています。

この機能では、パフォーマンスが必要な作業時には外部GPUを使用、
電力消費を抑えたい(バッテリーの持続時間を延長させたい)という時には、
内蔵GPUのみで駆動というように、場面に応じてGPUを使い分ける事ができます。

上記のエクスペリエンスインデックスのスコアは、外部GPUをオンにした状態のものですが、
試しに外部GPUをオフにし、内蔵GPUのみでスコアを計測した場合・・


内蔵GPUのみ
ENVY17-2100 エクスペリエンスインデックス(内蔵GPUのみ)

プロセッサ 7.4
メモリ 7.4
グラフィックス 4.8
ゲーム用グラフィックス 6.1
プライマリ ハードディスク 5.9

このような結果となりました。

基本スコアが5.9であったのに対し、内蔵GPUのみでは基本スコアはグラフィックスの4.8。
外部GPU(ここではRadeon HD 6850M)有効時と無効時では、
グラフィックパフォーマンスはかなり変わるようです。

初期状態では、外部GPUは有効となっていますので(パフォーマンスの高い状態)、
何らかの理由でバッテリー駆動時間を延ばしたい、また電力を節約したいという時のみ、
外部GPUをオフにするといった使い方が便利です。

このGPUの切替えに関しては記事の後半に掲載していますので、
興味をお持ちの方は目を通してみてください。


【CrystalDiskMark】

ENVY17-2100 CrystalDiskMark実行結果

Seq 116.4114.7
512K 37.9544.14
4K 0.4751.018
4K QD32 0.9361.005

左がRead、右がWrite

このモデルに搭載されているのは、標準構成の650GB HDD(7200rpm)ですが、
HDDでは比較的高速なスコアです。

ちなみに ENVY17-2100 では、他にも1.5TBのHDD(750GB×2/RAID0)や、
300GB SSDと750GB HDD(7,200rpm)のハイブリッド構成といったカスタマイズが用意されています。

300GBものSSDを搭載できるのは、HPの個人向けノートPCでは今の所ENVY17のみ。
同じ17.3型で高性能なdv7-6100でも、300GB SSDは提供されていません。


【3DMark06】

ENVY17-2100 3DMark06実行結果

3DMark score ・・・ 6360
SM 2.0 Score ・・・ 2737
SM 3.0 Score ・・・ 2981
CPU Score ・・・ 1566


【モンスターハンターフロンティア 絆】

ENVY17-2100 モンスターハンターフロンティア 絆

1280×720 ・・・ 3430~3450


【デビル メイ クライ 4】

ENVY17-2100 デビル メイ クライ 4

平均fps ・・・ 55.63~121.34
RANK ・・・ A


【FINAL FANTASY XIV】

ENVY17-2100 FF14(LOW)

ENVY17-2100 FF14(HIGH)

LOW ・・・ 1236
HIGH ・・・ 826


ENVY17-2100 のベンチ結果については以上となります。

PCゲームは処理負荷の高くないものに限りますが、
日常的な作業~画像・動画処理等は快適に行なえる内容のパフォーマンスだと思います。

プロセッサもストレージも、メモリに関してもまだカスタマイズの余地がありますので、
より高い性能の構成を組む事も可能です。




次に、ENVY17-2100 で利用できるGPU切り替え機能、
スイッチャブル・グラフィックス」について簡単に解説しておきます。

外部GPU有効時 デバイスマネージャの内容

前にも記載しましたが、この ENVY17-2100 は初期構成の状態では、
プロセッサに内蔵されたHD グラフィックス3000と、外部GPUであるRadeon HD 6850Mの両方が動作しています。

ですが、このモデルはGPU切り替え機能である「スイッチャブル・グラフィックス」に対応しており、
電力消費を抑えたい場合には外部GPUをオフ、性能が必要な場面では外部GPUをオンにする事など、
GPUの切り替えが行なえるようになっています。

このGPUの切り替えは、「Catalyst Control Cente(GPUのドライバ&ユーティリティソフト)」より設定する事が可能です。



コンテキストメニュー

デスクトップ画面を右クリックすると、表示されるコンテキストメニューより、
「切り替え可能なグラフィックスを設定する」を選択。



Catalyst Control Center(省電力GPUのみ)

すると「Catalyst Control Center」が起動し、
切替え可能なグラフィックスの設定画面が表示されます。

初期状態ではアクティブなグラフィック処理ユニットの項目には、
「ハイパフォーマンスGPU(Radeon HD 6850M)」が表示されていると思います。

外部GPUと内蔵GPUの切り替えを行なうには、下部に表示されたボタンをクリックします。



省電力GPU

ハイパフォーマンスGPU

現在アクティブなグラフィックスを内蔵GPUに変えたい場合は、
最下部に設置された「省電力GPU」ボタンをクリック、再度外部GPUを稼動させたい場合は、
「ハイパフォーマンスGPU」ボタンをクリックします。



切り替え可能なグラフィック

GPU切り替え時には、上写真のようなダイアログが表示されます。

GPUの切替え時にはアプリケーションを全て終了させる必要がありますので、
アプリケーションを終了後、変更ボタンをクリック。



Catalyst Control Center(ハイパフォーマンスGPU有効)

先程、アクティブなグラフィック処理ユニットの項目に表示されていた
「ハイパフォーマンスGPU(Radeon HD 6850M)」が、「省電力GPU」に変更されました。



外部GPU無効時 デバイスマネージャの内容

デバイスマネージャでも、内蔵GPUしか認識されません。
これにより、省電力状態でマシンを使用することができます。

再度、外部GPUをオンにしたい場合は、
先程の操作を繰り返します。





ENVY17-2100 の構成や性能については以上となります。
掲載のマシンは最上位構成のモデルではないですが、それでもかなり高性能な内容でした。

なお、このモデルはパフォーマンスは確かに高いですが、
それだけがこの製品の特徴ではありません。

カスタマイズの幅や価格に関しては、同じ17.3型のdv7-6100の方が柔軟性がありますので、
どちらでも良いという方や、単に高性能で低価格なモデルを求める方にはdv7の方がお勧めだと思います。

その話にはまた後の記事でも触れます。



というわけで、ENVY17-2100 のレビューは続きます。
製品に興味をお持ちの方は、是非次のENVY17の記事もチェックしてみて下さい。