4年程前に Thinkpad T61を購入したのですが、携帯できるサイズではないという事と、
パフォーマンスが思ったよりも良くなかったこともあり、それなりの価格だった割に使用頻度が少なく・・

ディスクが遅いので交換すればと思いつつも、面倒くさくて放ったらかしにしていたら、
いつの間にか3~4年もの月日が過ぎてしまっていました。
(面倒だといっても、使用頻度の高いX60の方は既に500GB HDDに換装済みなのですが・・)

オクトパス人形とHDD

しかし、CAT-2さんに換えたらいいのにって何度も言われ、最近になってようやくHDDを購入

換装自体はHDDを購入してすぐに済ませたのですが、
色々やっていたら記事の更新がかなり遅くなってしまいました。

というわけで、非常に今さらな感もありますが、
Thinkpad T61のHDDの換装の様子です。



500GBのHDD

こちらが今回購入したHDD。
7200rpm、500GBのHDDを購入しました。

ちなみにこの時点では、T61ニハ160GB(5400rpm)のHDDが載っています。




とりあえず、換装前のエクスペリエンス・インデックスのスコアを載せておきます。



換装前のエクスペリエンス・インデックス

プロセッサ 5.1
メモリ 4.8
グラフィックス 3.4
ゲーム用グラフィックス 3.5
プライマリ ハードディスク 4.7

基本スコアは3.4と、現在の新製品と比べるとかなりパフォーマンスは低めですが、
購入時のラインアップでは、標準構成をややカスタマイズした構成のモデルです。

しかし見ての通り、HDDの速度がかなり遅め。
ここを変えたらそれなりに良いパフォーマンスが出ると思われます。




というわけでHDDの換装を行います。



T61

Thinkpad T61。

そこそこ古いにもかかわらず、
キーボードは同じ頃くらいに購入したX60よりも全然きれいです。 X60ばかり使っているから・・



ディスクのクローン作成開始

まずはディスクのクローン作成です。

CAT-2さんがソフトを貸してくれました。
というか今回、設定とか色々やってくれました。

自分のコピーソフトは、引越しでどこに行ったのかよく分かりません。




とりあえずマシンに、コピー先のHDDやソフトの入った外付けドライブを接続して再起動します。



Windowsの更新が・・

と思ったら、Windowsの更新が入りました。



Acronis True Image

暫くしてマシンが再起動、ソフトが起動します。



パーティションの設定

パーティションの設定

パーティションの設定を行います。
Cドライブのみにしました。 (X60は500GBを2つに切って片方は画像専用にしてます)


そのような感じでパーティションの設定を行った後、
新しいHDDへデータをコピーします。

しかしパフォーマンスの問題なのか非常に時間がかかり、永久に終わりそうになかったので、
CAT-2さんにカメラとT61を託し、自分はお風呂タイム。←お風呂がめちゃくちゃ長い





そして上がったら、全てが終わっていました。



ディスクのクローン作成成功

データをコピーしたHDDとT61

こちら、今回データをコピーした7200rpm、500GBのHDD。
もっと容量の大きいものにすれば?って話もありましたが、私はこれで十分です。

使わないものなどは外付けのHDDに移しますし・・



HDDベイ

T61のHDDベイ。
筐体側面にあります。




この部分にあるネジを開くと・・・



160GBの旧HDD

160GBのHDDが出てきました。
これが激遅過ぎて、全体のパフォーマンスが非常に悪くなっています。

しかもVistaなので重いです。



旧HDDと新HDD

160GB(5400rpm)の旧HDDと、500GB(7200rpm)の新HDD。



ゴム製のレールを取り付け

古いHDDから新しいHDDにゴムレールを付け換えます。



HDDベイに挿入

ゴムレールを取り付けた500GBのHDDを、HDDベイに挿入。
黒いタブを内側に入れ込んで、起動確認ができたら終了です。





で、どの程度パフォーマンスが向上したかというと・・



換装後のエクスペリエンス・インデックス

プロセッサ 5.1
メモリ 4.8
グラフィックス 3.4
ゲーム用グラフィックス 3.5
プライマリ ハードディスク 5.9

プライマリ ハードディスクのスコアが 4.7 → 5.9 に上がりました。
ここが変わると体感速度が全然変わります。

ディスクの速度がネックで今まで遅かった T61 ですが、
マシンの起動・シャットダウン、アプリケーションの起動や処理など全ての動作がかなり早くなりました。

これ以上に早くするのであればSSDですが、容量の大きいものはまだまだ高いですし、
T61 の使用頻度でSSDを載せるのも勿体無いので、今の所はこのままで行きます。



ちなみに上のT61のエクスペリエンスの値は、
最近販売されている新しいマシンだと6~7万程度のマシンでも出そうな数字です。

ですが、このT61の価格は替えバッテリーなどを含めると2.5倍~3倍はしたと思います。(約4年前くらい)
最近のが安すぎるんですよね・・