2011年7月21日より販売が開始された、
ドスパラのノートPC「 Prime Note Galleria QF560 」の詳細です。

Prime Note Galleria QF560

この製品は、今年の5月末に登場した高性能GPU、
「NVIDIA GeForce GTX560M」を搭載するハイエンドなノートPC。

前モデルのQF540と比較してスペックアップ、デザインも変わりました。

プロセッサにはCore i7-2720QMを搭載し、2.5インチドライブベイを2基搭載、
また最大16GBものメモリなども搭載可能にするなど、デスクトップPC並の構成を実現する事が出来る製品です。

ディスプレイに関しても15.6型でフルHDの液晶を搭載し、
さらにキーボードは、Windowsキーのオン・オフ機能等を備えたゲーム向けキーボードを採用。

写真を見る限りでは操作感も悪くなさそうですし、
標準構成でかなり高いスペックを備えながらも価格は¥129,980(税込)~と、内容を考えると安価です。


というわけで以下、Prime Note Galleria QF560の主な仕様です。


【Prime Note Galleria QF560 基本構成】

OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ Core i7-2720QM (2.20GHz、TB時最大3.30GHz/L3:6MB)
チップセット HM67 Express
ビデオカード GeForce GTX560M(1.5GB)
メモリ 8GB(4GB×2/PC3-10600 DDR3 SO-DIMM/最大8GB)
ストレージ 500GB HDD(5400rpm)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 15.6型ワイドフルHD(1920×1080)、光沢あり
無線機能 IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth 3.0 + HS
サイズ 395.4×267.7×55.6(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約3.5 kg
バッテリー駆動時間 約4.5時間

上記基本構成で129,980円(税込)~。

カスタマイズでは、より上位のプロセッサーに16GBのメモリ、ブルーレイドライブの他、
2基のドライブベイにそれぞれHDDやSSDなどを搭載する事も可能となっています。

このQF560は、ドスパラのGeForce搭載ゲームノートの中では現在最もパフォーマンスの高いモデル。

どちらかというと、ゲーミングマシンはデスクトップに力を入れている感のあるドスパラですが、
この製品は価格的にも内容的にも良いモデルだと思います。
(特徴あるタッチパッドのデザインなど、4月に登場した某メーカーのPCになぜか似ているのですが・・)


というわけで、QF560については以上です。
より詳しい仕様やカスタマイズ内容については、製品ページよりご確認下さい。