2011年7月20日に、アップルの最新OS「Mac OS X Lion」を搭載した新MacBook Airが発売されました。
(自分は、製品に関してはMacBook Airにしか興味がないので、同じ新製品のMac miniには触れてません)

Core 2世代のMacBook Air
これはCore 2世代のMacBook Air

既に様々なメディアでアナウンスされているように、
今回のMacBook Air新製品は最新のMac OS X 10.7を搭載する最初のMac製品の一つ。

前回と同じく、11インチと13インチのモデルがラインナップされています。

目新しい特徴としては、プロセッサにはインテルの第2世代Core iプロセッサを採用。
インタフェースにThunderboltやバックライト付キーボードを搭載しており、
筐体は若干横幅が増えているようですが、ほぼ従来に使用していたものと変わらないようです。

価格は11インチの下位モデルが84,800円、上位構成のモデルが102,800円
13インチでは下位が110,800円、上位が138,800円と、従来モデルと比較して若干安くなっています。

確か以前のモデルは外部GPUを搭載していましたが、
今回は第2世代Core iプロセッサ内蔵のHD グラフィックス3000を利用しているので、
それが価格に反映されているのでしょうか?


【MacBook Air 11インチモデルの主な構成】

下位: Core i5(1.6GHz)/メモリ2GB/SSD 64GB/11.6型(1,366×768)液晶  84,800円
上位: Core i5(1.6GHz)/メモリ4GB/SSD 128GB/11.6型(1,366×768)液晶  102,800円

【MacBook Air 13インチ下位モデルの主な構成】

下位: Core i5(1.7GHz)/メモリ4GB/SSD 128GB/13.3型(1,440×900)液晶  110,800円
上位: Core i5(1.7GHz)/メモリ4GB/SSD 256GB/13.3型(1,440×900)液晶  138,800円

両者ともUSB2.0×2、Thunderbolt、IEEE 802.11a/b/g/n 無線LAN、
FaceTimeカメラ、ヘッドフォン出力、Bluetooth 4.0を備え、
13インチのみSDカードスロットを搭載する部分は従来と変わりません。

Core 2世代のMacBook Airでも非常に高速な動作を実現していたこのモデル、
現在様々なメーカーから第2世代Core i搭載のマシンが出ていますが、
Core 2搭載のMacBook Airを使用していても、パフォーマンス面で劣っていると感じる事がありません。
(まだまだ全然現役でいけるくらい、高速)

ですので、新しいプラットフォームを搭載したMacBook Airが、
一体どの程度のパフォーマンスを発揮する事ができるのか、とても興味深いです。




ちなみに今回の新製品に搭載されているという最新の Mac OS X 10.7(Lion)
App Storeより2,600円でアップグレードのダウンロード販売が行われます。
(USBメモリバージョンは6,100円、販売時期は8月下旬)

OSがダウンロード販売される事や価格にも驚きですが、
このLionのアップグレードはApp Storeの仕組みを利用し(Apple IDと複数のMacを紐づけ)、
正規に個人使用している複数台のMacにインストールする事ができる(マルチライセンス)のだそう。

この価格の実現に関しては、アップルがOSで利益を得る必要がない事や(デバイスとOS両方を提供している為)、
パッケージ販売しない事で流通のコストが下がるなど、様々な背景があるようですが、
今回の新システムの採用は、価格だけでなく手間が軽減されるという意味でもユーザーにとって非常に大きなメリットがあると思います。

しかしすごいと思いつつ、いまだにMacBook AirでM●のOSをメインに使用している自分。
Mac OSは標準搭載のアプリも充実していますし、慣れるとかなり使いやすいのでしょうけれど・・
慣れていないという理由もありますし、Winでやっていた作業と同じ事をする為の環境構築が面倒・・