本日(2011年7月19日)、レノボより新しいブランド・キャンペーン「FOR THOSE WHO DO」の
アンバサダーとして、中田英寿氏が起用される事が発表されました。

それと同時にAndroid 3.1搭載のThinkPad/IdeaPadタブレットの発表予告があり、
その会見の模様がUsteamで生中継されたようです。
(自分は外出していた為、Ustはリアルタイムでは見ていません)

今回のキャンペーンでの中田氏の起用は、少し前のユーザーイベントでも告知されていたもの。

しかし、告知といっても「世界的に著名」「ビジョンを持ち自らの目的達成の為に行動している人」等、
かなり漠然とした内容だったため、一体誰を起用するのか想像がつかなかったのですが、
中田氏の起用は確かに適役だと思いました。


ですが私的には、8月に発表される予定(世界では7月20日発表だそう)だという、
ThinkPadとIdeaPadブランドのタブレットの方に興味があります。

今回発表が予告されたのは、「ThinkPad Tablet」と「IdeaPad Tablet K1」の2モデル。
現時点で分かっているその内容は・・

OSはAndroid 3.1
プロセッサはNVIDIA Tegra 2
液晶は10.1型 WSVGA (1,280×800)

をそれぞれ搭載。

また ThinkPad Tabletでは、セキュリティや管理機能等、
ビジネス系の機能を重視した内容となっており、IdeaPad Tablet K1はゲームやSNS、
音楽・動画等の機能を搭載するなど、各ブランドが持つコンセプトをそのまま踏襲します。

詳細は8月2日に発表(日本では)されるそうで、
内容や価格帯はもちろん、現在タブレットは各社から多数登場していますので、
それらと上記の2モデルの違いがどのようなものなのかも気になる所です。