HPのノートPC「 HP Pavilion dv7-6000 」のレビューの続きです。
(前記事→ 17.3型の dv7-6000(6100)レビュー 外観各部の写真とインターフェースの詳細

今回の記事では、dv7-6000で行ったベンチマークの結果をいくつか掲載してみました。

dv7-6000 のベンチスコア

この HP Pavilion dv7 シリーズは元々、
個人向けノートPCにおいてはフラッグシップに位置づけられていたモデルです。

昨年の秋冬にENVYブランドが登場して以後、ENVYにその位置を渡すような形になってしまいましたが、
高性能というコンセプトは変わらず、非常にハイパフォーマンスな構成を組む事ができます。

今回のモデルは、提供されている中でも特に上位のパーツで構成されており、
ベンチ結果もその内容を反映するような形となりました。


というわけで以下、HP Pavilion dv7-6000 の構成とベンチマークの結果です。



まず最初は、今回掲載している dv7-6000 の構成内容です。

dv7-6000 speccy

dv7-6000 CPU-Z

【HP Pavilion dv7-6000の主な構成】

OS Windows 7 Professional 64bit
プロセッサ Core i7-2820QM(2.3GHz/TB時最大3.40GHz)
チップセット HM65 Express
グラフィックス Radeon HD 6770(1GB)
メモリ 8GB(4GB×2/PC3-10600 DDR3 SDRAM/最大8GB)
ストレージ 160GB SSD、500GB HDD
光学ドライブ ブルーレイディスクドライブ(書込み対応)
ディスプレイ 17.3型HD+(1,600×900)、光沢あり
無線機能 IEEE802.11b/g/n、Bluetooth3.0
バッテリー 6セル(駆動時間:約5.25時間)
サイズ 416×275×31.5~40.5(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約3.07kg
カラー ダークアンバー

上記構成での価格は、約16万円強
価格だけを見るとそれなりに高価に見えますが、この内容でこの価格は安価です。

ただ、現在160GB SSD + 500GB HDDの2ドライブ構成の選択肢がなくなっており、
掲載モデルと同じ構成を組む事が出来ません。(一時的なものなのかは不明。夏モデルでも現在選択不可)


ちなみにこの dv7-6000、最小構成では¥54,600(税込)~で販売されており、
もしろん上記モデルよりもパフォーマンスは下がりますが、それでもdv7というだけあって性能は良いので、
高性能なノートをできるだけ安価に・・という方にも適しています。

あと今回掲載の dv7-6000 と、夏モデルの dv7-6100 の違いですが、
ストレージのオプションが若干 dv7-6100 の方が良くなった事、
Radeon HD 6770の専用メモリが1GBから2GBに増えた事、フルHD&非光沢液晶の選択肢が追加された事があげられます。

その他の部分に変化は無いため、マイナーアップデートと呼ぶ程でもないと思います。




次に、上記構成の HP Pavilion dv7-6000 のパフォーマンスを見ていきます。


【Win エクスペリエンス・インデックス】

dv7-6000 のエクスペリエンス・インデックス

プロセッサ 7.5
メモリ 7.6
グラフィックス 6.9
ゲーム用グラフィックス 6.9
プライマリ ハードディスク 7.7

基本スコアは6.9となります。
さすがに、実際の使用でもかなりパフォーマンスは良く、
特に起動やシャットダウンはあっという間。

体感速度が速いのは、SSDとHDDのハイブリッド構成によるものが大きいと思います。

現在(7月8日)SSDのオプションの選択肢がなくなってしまっているのが残念ですが、
どのような構成でもコストパフォーマンスは抜群に良い製品です。


【CrystalDiskMark】

dv7-6000 CrystalDiskMark

160GB SSDと500GB HDDを積んでおり、非常に高速。
搭載のSSDはインテル製です。



【CrystalMark 2004R3】

dv7-6000 CrystalMark 2004R3のスコア

Mark ・・・ 242463
ALU ・・・ 65802
FPU ・・・ 57299
MEM ・・・ 46864
HDD ・・・ 28455
GDI ・・・ 16967
D2D ・・・ 3707
OGL ・・・ 23369


【3DMark06】

dv7-6000 3DMark06のスコア

3DMark score ・・・ 11815
SM 2.0 Score ・・・ 4008
SM 3.0 Score ・・・ 5220
CPU Score ・・・ 5479

価格以上の内容だと思います。
CPU性能もHDDもグラフィックパフォーマンスも高スコア。




以下、3D系ゲームのベンチマーク結果です。
パフォーマンスに関してのコメントは、最後の方に記載します。


【大航海時代 Online】

<dv7-6000 大航海時代 Onlineのスコア

平均 ・・・ 2723~2754


【モンスターハンターフロンティア 絆】

dv7-6000 モンスターハンターフロンティア 絆のスコア

平均 ・・・ 5133~5149


【デビル メイ クライ 4】

dv7-6000 デビル メイ クライ 4のスコア

平均fps ・・・ 97.89~198.18
RANK ・・・ S

Sランクです。
デスクはともかく、ノートで見たのは久しぶりかもしれません。


【BIOHAZARD】

dv7-6000 BIOHAZARDのスコア

平均fps ・・・ 78.7
RANK ・・・ A



【FINAL FANTASY XIV】

dv7-6000 FINAL FANTASY XIV LOWのスコア

dv7-6000 FINAL FANTASY XIV HIGHのスコア

LOW ・・・ 2538
HIGH ・・・ 1370


HP Pavilion dv7-6000 のベンチマークテストの結果は以上です。

どのベンチも非常に高スコアで、最後のFF11はそれ程高くは無いですが、
ノートPCのスコアだと考えるとやはり高性能。

7月8日現在、掲載モデルのようなSSDの構成は選択できなくなっているのですが、
一応参考という事で掲載してみました。

最小構成であってもそれなりにパフォーマンスは高めなので、
安価に性能の高いノートが欲しいという方にも最適なモデルだと思います。


というわけで、もう少し HP Pavilion dv7-6000(6100)のレビューは続きます。