マウスコンピュータの11.6型ノート「 LuvBook L 」のレビューの続きです。
(前→ LuvBook L のSSDモデルをレビュー まずは外観&インターフェース詳細など

今回の記事では、このノートPCで行ったベンチマークの結果を掲載したいと思います。

LuvBook L デスクトップ画面

掲載のモデルは、ストレージに80GBのSSDを搭載した「ハイスペック構成」モデル。

プロセッサにはCore i3、メモリは4GBとそこそこ良い内容の構成でありながら、
6万円を少し切るくらいの価格を実現するコストパフォーマンスの高いマシンです。

というわけで以下、LuvBook Lシリーズ ハイスペック構成モデルの主な構成と、
そのマシンで行った幾つかのベンチマーク結果です。

掲載製品の公式ページはこちら: LuvBook L




まず最初は、LuvBook L の構成詳細です。

LuvBook L SSDモデルの構成 CPU-Z

CPU-Z

CPU-Z

CPU-Z

CPU-Z

CPU-Z

【LuvBook L ハイスペック構成モデル(80GB SSD)の主な仕様】

OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ Core i3-380UM(1.33GHz)
チップセット HM55 Express
グラフィックス HD グラフィックス3000(チップセット内蔵)
メモリ 4GB(4GB×1/PC3-10600 DDR3 SODIMM)
ストレージ 80GB SSD(intel SSD 320/MLC)
ディスプレイ 11.6型(1,366×768)、光沢あり
無線機能 802.11b/g/n、Bluetooth v2.1 + EDR準拠
バッテリー 内蔵リチウムイオン(駆動時間:約2.7時間)
サイズ 288×195×25(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約1.25kg
カラー シルバー

標準構成のSSD搭載モデルで、価格は59,850円(税込)
一応、OSの種類とオフィスの有り無しなどを選択可能です。

その他、320GBや500GBのHDDを搭載したモデル等も用意されており、
そちらはそれぞれ49,980円(税込)、56,700円(税込)。

ですが、500GB HDDを搭載したモデルは、2011年6月24日現在、既に完売となっています。
昨年のモデルですので、多分その他のモデルもそろそろ販売が終了するのではないかと思われます。


ちなみに、容量がそれ程大きくはないとは言え、
SSDを搭載したモデルが5万円台とはかなり安価です。

320GBのHDDを搭載したモデルと1万円程度しか変わりません。
パフォーマンスの差などを考えると、SSD搭載モデルは非常にコストパフォーマンスの高いマシンだといえます。




上記構成の LuvBook L のパフォーマンスを見ていきます。


【Win エクスペリエンス・インデックス】

LuvBook L Win エクスペリエンス・インデックスのスコア

プロセッサ 4.7
メモリ 4.9
グラフィックス 3.3
ゲーム用グラフィックス 4.7
プライマリ ハードディスク 7.7

基本スコアはグラフィックスの3.3。
内蔵のHDグラフィックスを利用していますので、グラフィックス性能は余り良くありません。

ただ、プライマリ ハードディスクのスコアが7.7と驚くほど良いです。

SSDと一口に言っても様々なメーカーの製品がありますが、
今回のモデルにはインテル製の80GB SSDが搭載されており、非常にパフォーマンスは高いです。

他がパッとしない構成であっても、ストレージの性能がよければ
全体のパフォーマンスは目に見えてよくなるという、いい例のモデルだと思います。


【CrystalDiskMark】

LuvBook L CrystalDiskMarkの実行結果

SSDのパフォーマンスは上のような感じ。
かなりハイパフォーマンスです。



【CrystalMark 2004R3】

LuvBook L CrystalMark 2004R3の結果

Mark ・・・ 78609
ALU ・・・ 16719
FPU ・・・ 16514
MEM ・・・ 12570
HDD ・・・ 24933
GDI ・・・ 5922
D2D ・・・ 866
OGL ・・・ 1085

CrystalMark 2004R3の結果も、HDDのスコアが飛びぬけて高数値。
他のスコアはそうでもないです。


【3DMark06】

LuvBook L 3DMark06の結果

3DMark score ・・・ 1110
SM 2.0 Score ・・・ 334
SM 3.0 Score ・・・ 457
CPU Score ・・・ 1478

3D性能に関しては、Core i3の内蔵グラフィックスなだけに余り良くありません。
といっても、グラフィック性能を必要とする作業を 11.6型の小さなノートで行う事は多分ないと思います。



以下、3Dゲームのベンチマークです。
スコアはどれも低いですが、とりあえず参考として載せてみました。


【モンスターハンターフロンティア 絆】

LuvBook L モンスターハンターフロンティア 絆の実行結果

平均 ・・・ 454~468


【デビル メイ クライ 4】

LuvBook L デビル メイ クライ 4の実行結果

平均fps ・・・ 7.61~14.28
RANK ・・・ D


【FINAL FANTASY XI】

LuvBook L FINAL FANTASY XI LOW

LuvBook L FINAL FANTASY XI HIGH

LOW ・・・ 1925
HIGH ・・・ 1304


LuvBook Lのハイスペック構成(SSD搭載)モデルのベンチマーク結果については以上となります。

途中何度も述べていますが、やはりSSDを搭載しているだけあってパフォーマンスは高め。
実際の操作においてもどのような作業も快適・・とまでは行きませんが、構成の割りに処理は高速です。

11.6型の5~6万のノートでこの内容だという所が、このモデルの注目すべき点だと思います。

LuvBook Lで提供のSSDは、容量が80GBとさほど大きくはないので、
これでは足りないと言うユーザーもおられると思いますが、
そういった部分が気にならないのであれば、提供されている中ではお勧めのモデルです。


ちなみに、このLuvBook Lの欠点はバッテリー駆動時間が短い事。

動作時間は公称値で約2.7時間、実際は2時間~2時間半持たない程度と、
モバイルPCとしてはかなり頼りない数値です。

内容と価格のバランスを考えれば、目を瞑る事もできなくはないですが、
用途としては、外出時の簡単なネットやメールチェックなど簡単な作業に限られそうです。



というわけで、LuvBook L のレビューはもう少し続きます。