Thinkpad X220 のレビューの続きです。
(前記事→ Thinkpad X220 の外観・インターフェースの詳細 (レビュー)

今回は X220 で行った、いくつかのベンチマークテストの結果を掲載してみました。

X220

今回掲載している X220 は Core i7-2620M、
8GBのメモリに160GBのSSD等を搭載したほぼ最大構成に近いモデル。

SSDを搭載しているという事でレノボ独自のテクノロジー「RapidDrive」にも対応しており、
非常に高速な処理速度を実現しています。

パフォーマンスの高さは使っただけで分かりますが、
とりあえずいつもと同じように、一通りのベンチマークを行ってみました。


以下、その結果です。
今回使用している X220 の詳細な構成も掲載しています。


speccy

CPU-Z

CPU-Z

CPU-Z

CPU-Z

CPU-Z

【Thinkpad X220 (4286CTO)の主な構成】

OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ Core i7-2620M (2.70GHz/TB時最大3.40GHz)
チップセット QM67 Express
グラフィックス HDグラフィックス 3000
メモリ 8GB(PC3-10600 DDR3 SDRAM/最大8GB)
ストレージ 160GB SSD
ディスプレイ 12.5型HD(1,366×768 IPS)、光沢なし
無線機能 Centrino Advanced-N + WiMAX 6250
バッテリー 6セル(駆動時間:約8.9時間)
サイズ 305.0×206.5×19~26.6(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約1.46kg

上記構成で、キャンペーン価格では20~21万円
割引率の高いクーポンを上手く利用すれば、17~18万円前後で購入できるのではないかと思います。

スペックの高さもさることながら、今回のモデルの大きな特徴の一つであるIPS液晶も搭載。

IPS液晶に関してはまた後の記事で述べますが、さすがにきれいです。
加えて明るいので、液晶が暗く見づらい屋外でも余裕で使えます。

IPSの追加はそれ程コストのかかるものではないので(約7000円)、
余裕があれば是非とも選択したいオプションです。

なお現在(2011年6月8日)160GBのSSDに関しては、
需給逼迫の為に構成の受注が停止されていますので、暫くは選択不可。
128GBのSSDは現在も選択可能です。




以下、上記構成の Thinkpad X220 のベンチマーク結果です。


【Win エクスペリエンス・インデックス】

Win エクスペリエンス・インデックス

プロセッサ 7.1
メモリ 7.8
グラフィックス 6.3
ゲーム用グラフィックス 6.3
プライマリ ハードディスク 7.8

基本スコアはグラフィックス、ゲーム用グラフィックスの6.3。
グラフィックスは内蔵のHDグラフィックス3000を利用していますが、このスコアです。

メモリもプライマリ ハードディスクも、7.8とほぼ最大。

SSDといっても、メーカーなどによって大きな性能差がありますが、
このX220に搭載されているSSD(インテル製)は非常に高速です。

CrystalDiskMark
SSDのパフォーマンス

HDDとSSDのパフォーマンスの比較については、こちらのサイトに非常に詳しく書かれています。
→ ThinkPad X220のHDDモデルとSSDモデルの比較 (THE比較)




続いてベンチ結果をみていきます。


【CrystalMark 2004R3】

CrystalMark 2004R3

Mark ・・・ 183596
ALU ・・・ 46018
FPU ・・・ 48579
MEM ・・・ 38468
HDD ・・・ 28474
GDI ・・・ 16877
D2D ・・・ 2206
OGL ・・・ 2974

全体的に高めですが、特にHDDのスコアに目が行きます。

このモデルはマシンの起動・シャットダウンを高速化するLenovo EE 2.0に対応、
さらにSSDを搭載しているという事で「RapidDrive」にも対応・・と述べましたが、
確かに起動もシャットダウンもかなり高速です。

多分、この構成では普通の状態でも高速だと思うので、
RapidDrive対応だからこれだけ早いのかどうかはよくわかりません。


【3DMark06】

3DMark06

3DMark score ・・・ 5038
SM 2.0 Score ・・・ 1698
SM 3.0 Score ・・・ 2021
CPU Score ・・・ 3835

3Dパフォーマンスもそれなりに高いです。

スムーズに映像が流れない部分もありますが、
内蔵グラフィックスである事を考えると十分高性能です。




以下、3Dゲーム系のベンチ結果です。


【モンスターハンターフロンティア 絆】

モンスターハンターフロンティア 絆

平均 ・・・ 2054~2072


【大航海時代Online】

大航海時代Online

平均 ・・・ 560~565


【BIOHAZARD】

BIOHAZARD

平均fps ・・・ 24.9
RANK ・・・ C


【デビル メイ クライ 4】

デビル メイ クライ 4

平均fps ・・・ 34.69~58.64
RANK ・・・ C


【FINAL FANTASY XIV】

FINAL FANTASY  XIV LOW

FINAL FANTASY  XIV HIGH

LOW ・・・ 754
HIGH ・・・ 392


ベンチマークの結果については以上となります。
上に載せたような構成のモデルですので、パフォーマンスに関しては申しぶんありません。

といっても、PCゲームが十分に出来る程のパフォーマンスを持っているわけではありませんが、
そのような用途のモデルではありませんので、上のベンチ結果はあくまで目安だと思ってください。


実際に使った感触としては、とても良い内容のマシンだと思います。
ですが掲載のモデルはほぼ最大構成ですので、価格もそれなりに高くなります。

コストを気にされない方であれば、このような構成でも全然構わないと思いますが、
ある程度コストと性能のバランスを気にされるのであれば、
CPUの内容を一段階下げるなど、もう少し構成を見直しても良いと思います。
(CPUの構成を落としても、SSDを選択すればそれなりに高速になります)

液晶などはIPSでも比較的安価ですし、こちらは後に変えようと思っても
中々簡単にはいかないため、拘るのであれば選択されるのが良いでしょう。

いずれにせよ、購入時はクーポンの利用を忘れないようにしてください。



もう少しだけ、X220の記事は続きます。