Sandy Bridge を搭載した Lenovo G570 のレビューの続きです。
(前記事→ Lenovo G570レビュー Sandy Bridge 搭載のGシリーズ新製品の内容は?

Lenovo G570 で一通りのベンチマークテストを行ってみました。

CPU-Z

Gシリーズといえば一番に低価格だという特徴が挙げられますが、
単にそれだけでなく、スペックや機能に関してもそれなりに充実しているという長所を持ちます。

この Lenovo G570 はGシリーズで初めて最新のSandy Bridge を搭載したモデルで、
他のGシリーズよりは若干価格は上になりますが、低価格な事に変わりません。

が、やはりこれまでのモデルとはやや仕様が異なるだけに、
そのパフォーマンスが気になります。(価格以上のパフォーマンスなのかそうでないのか・・など)


というわけで今回は、掲載しているG570の構成とベンチマーク結果を載せてみました。
価格についても簡単に触れています。




まず最初に Lenovo G570 の構成です。
今回掲載しているのは、Core i5を搭載した型番「433449J」のモデルです。

CPU-Z

CPU-Z

CPU-Z

CPU-Z

CPU-Z

【Lenovo G570 (433449J)の主な構成】

OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ Core i5-2410M (2.3GHz/TB時最大2.9GHz)
チップセット HM65 Express
グラフィックス HDグラフィックス 3000
メモリ 4GB(PC3-10600 DDR3 SDRAM/最大8GB)
ストレージ 640GB HHD(5400rpm)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 15.6HD(1,366×768)、光沢あり
無線機能 802.11b/g/n
バッテリー 6セル(駆動時間:約6.2時間)
サイズ 376.8×249.8×17.3~34.9(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約2.6kg
カラー ダークブラウン

上記の構成で、価格は¥70,350(税込/現在レノボの直販にて)。
カスタマイズには対応していません。

上記モデルの他、Core i3-2310Mを搭載したモデルなども販売されており、
そちらはメモリが2GBで500GBのHDDを搭載し、¥59,850(税込)。

いずれにせよ、構成の割には若干低価格な感じはしますが、
クーポンなどを使えない事や量販店のような値下げがない事を考えると、
直販での購入はやや割高な感じはします。




価格に関しては後に置いておく事にし、
とりあえず、上記構成でのパフォーマンスを見てみたいと思います。


【Win エクスペリエンス・インデックス】

Win エクスペリエンス・インデックス

プロセッサ 6.9
メモリ 7.4
グラフィックス 5.7
ゲーム用グラフィックス 6.2
プライマリ ハードディスク 5.9

基本スコアはグラフィックスの5.7。
内蔵グラフィックスを利用していますが、比較的高めな値です。



【CrystalMark 2004R3】

CrystalMark 2004R3

Mark ・・・ 144765
ALU ・・・ 39015
FPU ・・・ 39691
MEM ・・・ 38570
HDD ・・・ 8907
GDI ・・・ 14540
D2D ・・・ 1427
OGL ・・・ 2615

CrystalMark 2004R3もエクスペリエンス・・と同じような感じです。

普通に快適なスコアです。
ただHDDが5400回転ですので、その辺が若干遅い感じはします。

といっても、普通に作業するのであれば十分なスコア。
画像の編集など、若干処理能力が必要な作業も可能です。


【3DMark06】

3DMark06

3DMark score ・・・ 4561
SM 2.0 Score ・・・ 1550
SM 3.0 Score ・・・ 1837
CPU Score ・・・ 3250

簡単なゲームなら出来るスコアです。
まあでも、ゲームをしようと思う人がGシリーズを買う事はないと思います。


【モンスターハンターフロンティア 絆】

モンスターハンターフロンティア 絆

平均 ・・・ 1876~1901


【大航海時代Online】

大航海時代Online

平均 ・・・ 481~477


【デビル メイ クライ 4】

デビル メイ クライ 4

平均fps ・・・ 12.35~53.21
RANK ・・・ C


【FINAL FANTASY XIV】

FINAL FANTASY  XIV LOW

FINAL FANTASY  XIV HIGH

LOW ・・・ 619
HIGH ・・・ 340


G570の実際のパフォーマンスに関しては、普通に使うのであれば全然問題ありません。
途中にも記載した通り、画像の処理や少々パフォーマンスが必要な作業も問題ないでしょう。

HDDがもう少し早いものであればもっと快適・・と思いますが、価格面で内容が劣る事はないと思います。

ただ、直販で設定されている価格は、
低価格が売りのGシリーズにしては平凡に見えてしまう価格設定。
レノボのクーポンが使えるのであればまた話しは違ってきますが、Gシリーズのクーポンが出るのは稀です。

自分であれば、もう少し安価でないとこのシリーズを買う気になれないかもしれません。
(高い事はないのですが、Gシリーズの他のモデルが非常に安価なので)

価格面を重視するのであれば、今の所は量販店のモデルがお勧めです。

量販店モデルはウェブモデルとはやや仕様が異なる部分もありますが、
店舗によってはかなり大幅な割引になっている所もあるなど、非常に安価に購入できる可能性があります。




というわけで、G570のパフォーマンスについては以上となります。

Lenovo G570のレビューに関しては、もう少し続きます。
製品に興味をお持ちの方は、是非次の記事にも目を通してみてください。