Thinkpad X220 のレビューです。(前の記事
今回の記事では、X220の外観やインターフェースの詳細について掲載してみました。

X220

今回登場したX220、前モデルのX201と比較して全体的なイメージに代わりはないですが、
所々のパーツに細かい変化が見られます。

多分 Thinkpadに詳しくない方から見ると、新製品も旧製品も殆どデザインが変化しない
黒いノートPCなのかもしれませんが(と言われた事があります)、
旧マシンを知る人にとっては結構大きい変化ではないでしょうか。

X1などの新しいラインアップも加わってはいますが、
私自身は、今回のThinkpad新製品の中ではこのX220が一番好みです。


というわけで以下、X220のデザインやインターフェースの詳細です。


X220の天板

レノボのロゴ

X220の天板。

従来と変わりませんが、写真左下の「Lenovo」のロゴは今回から追加されたものです。
(以前、このロゴがThinkpadの天板に入ったことがあったのですが、すぐになくなってしまったのです)



X220の左側面

左側面・左

左側面・右

X220の左側面。

左側から排気口、USB3.0、VGA、ディスプレイポート、USB2.0、
Expressカードスロット、無線LANのオンオフスイッチ。

※USB3.0はCore i7選択時のみ搭載



X220の前面

マグネットラッチ

マグネットラッチ

以前のようなフックに引っ掛けるタイプの開閉ラッチではなく、
開閉部分には磁石を使用しています。



X220の右側面

右側面・左

右側面・右

X220の右側面は、左から4in1メディアカードリーダー、Powered USB、LAN、
ヘッドフォン出力とマイク入力のコンボポート、セキュリティケーブル用のロックスロット。



X220の背面

X220の背面右側

背面側にはなにもなし。
右側にACコネクタを備えるのみです。

ちなみによく見ると、バッテリーの足よりも本体の足の方が短く、
バッテリーを装着すると右側が若干浮いた感じになっています。

ですが、特に操作に影響はありません。



X220を斜めから

X220全体写真

今回のX220には、12.5型HD(1366×768)のIPS液晶を搭載しています。



ウェブカメラ

液晶の上部にはウェブカメラ(HD 720p)とマイクを内蔵。



X220のロゴ

液晶右下にはX220のロゴ。



X220 キーボード

X220 キーボード左半分

X220 キーボード右半分

X220にはスクエア型の7段配列のキーボードを搭載。

X201に搭載されていたものと同じではなく、
EscやDeleteが縦長になったタイプのキーボードを採用しています。

これまでにも何度も記載しているのですが、このキーボードは以前より、
TシリーズやWシリーズに搭載されているものと同じです。



X220のクリックパッド

X220のクリックボタン

X220には従来の分離型のタッチパッドではなく、
クリックボタンとパッドが一体になったクリックパッドを搭載。

X201とは異なる部分の一つです。



左パームレストの各種ロゴシール

左側のパームレストには、各種のロゴシール。
Core i7搭載、SSDを搭載しているのでRapiddriveにも対応します。

さすがに、このモデルは起動も終了もかなり高速です。

T420sを使用した際にはここまでではありませんでしたが、
私が使用したT420sはCore i5搭載モデルだったので、構成の違いなども関係あると思います。



ThinkPadロゴ

右側にはおなじみのThinkpadロゴ。



X220の底面

スロットカバー

HDベイ

X220の底面には、メモリなどにアクセスする事が可能なスロットカバーと、側面にはHDベイを配置。
こういったメンテナンス性の良さは、従来と全く変わりません。


Thinkpad X220の外観については以上となります。

ちなみに今回のX220、自分のX60等と並べるとかなり大きく見えてしまうのですが、
拡張バッテリーを搭載したX60と9セルバッテリー搭載のX220では、重量はさほど変わりません。

サイズが大きくなっている事を考えると、若干軽量になったといえます。



というわけで引き続き、X220の詳細をレビューしていきます。