2011年3月にレノボより発表・発売された「 Thinkpad X220 」のレビューです

X220 ロゴ

Thinkpad X220 は、旧モデル X201 の後継となるモデル。

プロセッサにはインテルのSandy Bridgeを採用し、
X201 よりも若干横長な12.5型の液晶を搭載しています。(X201 は12.1型)

その他にも、従来の X201 とは違った特徴を多数兼ね備える X220、
X201がレノボでベストセラーとなる製品であっただけに、その使い勝手などが気になる所です。


というわけで今後、 Thinkpad X220 のレビューを数回に分けて掲載していきます。

今回は届いたばかりですので、とりあえず簡単な写真と、
X220の本体やバッテリーの重量などを計測したものを載せてみました。


X220 箱

X220仕様

X220本体

Thinkpad X220の本体。

バッテリーが搭載されていない状態で持つと非常に軽く、
またThinkpadにしてはかなり薄いです。



X220正面から

X220を正面から。
12.5型HD(1366×768)液晶を搭載しています。



マグネットラッチ

マグネットラッチ

今回のX220は、X201のようなフックに引っ掛ける開閉ラッチは使用しておらず、
マグネットを利用したラッチレス構造を採用しています。



クリックパッド

パッド部分には、クリックボタンとパッドが一体になったクリックパッドを採用。
こちらもX201とは異なる部分です。



バッテリーとX220

X220の本体と、標準の6セルバッテリー、そしてオプションの9セルバッテリーです。
各バッテリーの重量を比較してみます。




まずX220本体の重量。



X220本体の重量

X220本体の重量

X220本体の重量は、1152g

ちなみにこのモデルはSSD搭載ですが
構成によって若干重量は変化します。




次に6セルバッテリー。



6セルバッテリの重量

6セルバッテリーの重量は、321g

これより、6セルバッテリー搭載時の X220 の重量は「1473g」という事になります。
公称値が1.4kg~なので、大体その通りです。




次に9セルバッテリー。



9セルバッテリの重量

9セルバッテリーの重量は、488g

という事は、9セルバッテリー搭載時の X220 の重量は1640g
9セルバッテリーはかなり大きく、重いです。


なお、各バッテリーを搭載した場合の駆動時間についてですが、
6セルバッテリー搭載時は最大約8.9時間、9セルバッテリー搭載時は最大約15時間。

過去のモデルの重さやバッテリー駆動時間を総合的に考えると、
確実に軽量化し、バッテリーの駆動時間も伸びています。(液晶が大きくなっているにも関わらず)

オプションの9セルバッテリーは重めではありますが、
1640gと携帯できない重量ではありませんし、最大約15時間の駆動時間は魅力です。




という感じで、X220のレビューは続きます。
X220 に興味をお持ちの方は、次のX220の記事にも目を通してみてください。