2011年5月17日に発表された Thinkpad Xシリーズの新ラインアップ、
Thinkpad X1 」が本日(5月27日)よりレノボの直販にて販売開始されました。

Thinkpad X1

この Thinkpad X1、主力のThinkpad Xシリーズの製品でありながらも、
これまでのマシンとはかなり違った内容を持つ異色のモデル。

特徴としては・・・

・最薄部16.5mmと薄型でありながら、堅牢性はThinkPad最高レベル
・Gorillaガラスと呼ばれる耐傷性抜群の強化ガラスを採用、また軍用規格(MIL規格)にも適合
・Lenovo RapidChargeバッテリーにより、僅か30分で80%の高速充電
・内蔵バッテリーは1000サイクル充電が可能
・ピークシフト等の節電機能に対応した「省電力マネージャー」を搭載
・おなじみフクロウFANの採用により、高い冷却性能と静音性を両立

といった内容で、特に液晶に関しては、
ドライバーの先のような尖ったもので強く突付いても傷一つつく様子がないなど、
これまでの Thinkpad とは根本的に違う感じのノートPCです。

筐体に関してもアイソレーション型のキーボードに、
クリックパッド(X220もそうですが)など、これまでのThinkpadとは大きく異なります。

というわけで以下、本日より発売開始となった Thinkpad X1の仕様と価格です。
本日より、クーポンも使用可能となっています。


【ThinkPad X1 エントリーパッケージ の主な構成】

OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ Core i3-2310M(2.10GHz)
グラフィックス HDグラフィックス3000
メモリ 2GB(2GB×1/PC3-10600 DDR3)
ストレージ 320GB HDD(7,200rpm)
ディスプレイ 13.3型HD(1,366×768/インフィニティ・ガラス)
無線機能 インテル WiFi Link 1000
バッテリー 内蔵4セル Li-Polymer(RapidCharge)

上記構成で、ダイレクト価格:¥231,735 → キャンペーン:¥139,860
このモデルに平日の12%オフクーポンを適用すると¥123,077


【ThinkPad X1 ハイパフォーマンスパッケージ の主な構成】

OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ Core i5-2520M(2.50GHz)
グラフィックス HDグラフィックス3000
メモリ 8GB(8GB×1/PC3-10600 DDR3)
ストレージ 128GB SSD
ディスプレイ 13.3型HD(1,366×768/インフィニティ・ガラス)
無線機能 Centrino Advanced-N 6205
バッテリー 内蔵4セル Li-Polymer(RapidCharge)

上記構成で、ダイレクト価格:¥358,785 → キャンペーン:¥199,920
このモデルに平日の12%オフクーポンを適用すると¥175,930

メモリ8GBにSSD搭載のハイパフォーマンスパッケージです。
X1はメモリスロットが1スロットしかありませんので、メモリは一枚のみです。

その他にもWiMAXや、英語キーボードの選択肢なども用意されています。
詳しい構成やオプション、価格については公式サイトの情報をご覧下さい。