2011年5月13日 ドスパラより、Core i7-2720QM を搭載したゲームノートPC
Prime Note Galleria QF540」が発表・販売開始されました。

Prime Note Galleria QF540

今回登場した「Prime Note Galleria QF540」は、
1,920×1,080表示対応の15.6型液晶を搭載する、ゲーム向けの高性能ノートPC。

基本構成ではプロセッサにCore i7-2720QM、グラフィックスにはGeForce GT540Mを搭載し、
8GBメモリや500GB HDD、光学ドライブなどを搭載するなどの内容で、価格は104,979円(税込)~。

インターフェースに関しては、HDMIやVGA(ミニD-Sub15ピン)、USB 3.0を2基備える他、
カードリーダーやUSB 2.0、LAN、HD対応のウェブカメラ等も搭載します。

キーボードはアイソレーションタイプ、4列のテンキーつきで、
テンキーと通常キーの間にはやや隙間が設けられています。
ただタッチパッドのクリック部分にはシーソータイプのボタンが採用されており、
もしかすると若干使い難いかもしれません。
(個人的にはこのタイプのボタンは苦手。基本据置でマウスを使うでしょうから気にする程ではないですが)

基本モデルにはオフィス搭載モデルや、ブルーレイディスクドライブ搭載モデルも用意。
勿論、各モデルともカスタマイズが可能です。


というわけで以下、Prime Note Galleria QF540の主な仕様です。


【Prime Note Galleria QF540 基本構成】

OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ Core i7-2720QM (2.20GH、TB時最大3.30GHz/L3:6MB)
チップセット HM65 Express
ビデオカード GeForce GT540M(1GB)
メモリ 8GB(4GB×2/PC3-10600 DDR3 SO-DIMM/最大8GB)
ストレージ 500GB HDD(5400rpm)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 15.6型ワイド(1920×1080)、光沢あり
無線機能 IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth 3.0 + HS
サイズ 374×247.5×35(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約2.47kg

冒頭にも記載しましたが、上記基本構成の価格は104,979円(税込)~。

プロセッサは上記の他、Core i7 2820QM もカスタマイズで選択可能です。
また大容量のHDDの他、SSDも最大250GBまで提供されています。

なお、記載のモデルはDVDスーパーマルチドライブ搭載のモデルですが、
ブルーレイドライブを搭載した基本モデルもラインアップ。
モデルの詳細やカスタマイズの内容に関しては、公式サイトにてご確認下さい。