前記事の Thinkpad Edge E420 や Thinkpad E520 に続き、
Thinkpad X220 Tablet が本日(4月28日)レノボ・ジャパンより販売開始されました。

Thinkpad X220 Tablet

こちらのモデルは Thinkpad Xシリーズのタブレット型モデルで、
Sandy Bridgeを採用、マルチタッチに対応した12.5型の液晶を搭載しています。

最新のCore i7はもちろん、SSDやIPS方式の液晶などを選べるようになっており、
従来モデルと比較してかなりパフォーマンスは向上しているのではないかと思われます。

デザイン面に関しても従来のXシリーズからは変化しており、スリムでコンパクトな筺体に
TやWシリーズと同じタイプのキーボードを搭載し、操作性を向上。

従来よりも大きくなった一体型のクリックパッドや、
ディスプレイの開閉にはマグネットを使用したラッチレス構造を採用する他、
機能面でもタッチパネル用のアプリケーション「SimpleTap 2.0」の搭載やピークシフト機能、
Lenovo Enhanced Experience 2.0に対応するなど、様々な特徴を持ち合わせています。

タブレットという性質上、余り軽くはないのですが、
6セルバッテリーの搭載で最大8.3時間のバッテリー駆動を可能にするなど、魅力的な内容です。

この Thinkpad X220 Tablet の最小構成の内容と価格は・・


【Thinkpad X220 Tablet 最小構成モデルの主な構成】

OS Windows 7 Professional 64bit
プロセッサ Core i5-2520M(2.5GHz)
チップセット QM67 Express
グラフィックス HDグラフィックス 3000
メモリ 2GB(PC3-10600 DDR3 SDRAM/最大8GB)
ストレージ 250GB HDD(5400rpm)
ディスプレイ 12.5型マルチタッチHD(1,366×768 300nit IPS )、光沢なし 2×2
無線機能 ThinkPad IEEE 802.11 b/g/n 1×1
バッテリー 6セル(駆動時間:最大8.3時間)
重量 約1.66kg(6セル)

上記構成のモデルでキャンペーン価格は¥142,800(税込)~。
(ダイレクト価格:¥267,540)

Core i5、IPS方式の液晶を搭載してこの価格です。

コンバーチブル型という事で、通常のノートPCよりは若干価格が上ですが、
パフォーマンスと操作性などを考慮すれば高くはない思います。(ダイレクト価格は高いですが・・)

クーポンも使用可能となっていますので、
このGWに発行されるクーポンを利用しての購入がお得です。