2011年4月27日 ドスパラより、インテルの Sandy Bridge を搭載するクリエイター向けPC
Prime Note Raytrek コミPo! オリジナルモデル」の販売が開始されました。

Prime Note Raytrek コミPo! オリジナルモデル

この「Prime Note Raytrek コミPo! オリジナルモデル」は、
イラスト・コミック制作ソフトウェア「コミPo!」推奨のスペックを備えたノートPC。

Core i3-2310Mや15.6型(15.6インチ)の液晶、GT540Mといった基本構成を備える他、
購入時のカスタマイズでコミPo! パッケージ版の購入も選択可能となります。

また購入者限定特典として、コミPo!で使用可能な3Dデータやオリジナル壁紙、ガジェット、
デコレート用背面シール、オリジナルステッカー他、多数の特典が付属します。


ちなみにこの「コミPo!」とは、絵を描けない人でも短時間でマンガを完成させる事ができるソフトウェア。

このソフトウェアを使用する事で、キャラクターの表情やポーズを自由に変えたり、
イメージ背景をつけるなど、様々な表現が簡単にできるようになります。

公式サイトでは無料体験版も配布されていますので、
興味のある方はダウンロードして使用されてみてはいかがでしょうか。


というわけで以下、今回登場した「Prime Note Raytrek コミPo! オリジナルモデル」の主な仕様です。


【Prime Note Raytrek コミPo! オリジナルモデル 基本構成】

OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ Core i3-2310M (2.10GHz)
チップセット HM65 Express
ビデオカード GeForce GT540M(1GB)、Optimus対応
メモリ 8GB(4GB×2/PC3-10600 DDR3 SO-DIMM/最大8GB)
ストレージ 500GB HDD(5400rpm)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 15.6型ワイド(1920×1080)、光沢あり
無線機能 IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth 3.0
サイズ 380×262×36.6(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約2.6kg

上記の基本構成で、価格は74,980円(税込)~。
カスタマイズにより、Core i5 2410M や Core i7 2620M、SSDやブルーレイドライブ等の選択も可能です。

冒頭にも記載した通り、多数の特典が付属しますので、
製品に興味をお持ちの方は公式サイトをチェックしてみて下さい。