2011年4月26日 レノボ・ジャパンより、IdeaPad Sシリーズの新製品「 IdeaPad S205 」が発表されました。

IdeaPad S205

このSシリーズはIdeaPadブランドの中では最も携帯性の高い筺体を持つ、
いわゆるネットブックに位置づけられる製品。

従来モデルの S10-3 や S205 には10.1型の液晶が搭載されていたのに対し、
今回の S205 には11.6型(1366×768)の液晶を搭載、さらにAMDの FusionAPU が採用されています。

11.6型というと、同じIdeaPadのUシリーズが11.6型の液晶を搭載しているのですが、
新製品では S205 が11.6型の液晶を搭載、Uシリーズの次モデル(未発表)には12.5型の液晶が搭載されるようです。

他、OSにはWindows 7 Home Premium 64bit、最大8GBのメモリや標準320GBのHDDを搭載し、
標準3セルで約3.1時間のバッテリー駆動に、重量は約1.3kg。

従来のSシリーズはいかにもネットブックという内容のモデルでしたが、
S205 に関しては従来よりも大幅なグラフィック性能の向上が期待できるなど、
ネットブックというカテゴリのマシンとは少し違った感じの製品のように思います。


というわけで以下、IdeaPad S205 の主な仕様です。


【IdeaPad S205(1038J2J)の主な構成】

OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ AMD E-350(1.6GHz)
チップセット AMD A50M Fusion
グラフィックス Radeon HD 6310
メモリ 2GB(PC3-10600 DDR3 SDRAM/最大8GB)
ストレージ 320GB HDD(5400rpm)
ディスプレイ 11.6型HD(1,366×768)、光沢あり
無線機能  802.11b/g/n
バッテリー 3セル(駆動時間:約3.1時間)
サイズ 290×193×26.3~30.6(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約1.3kg
カラー ダークパープル

上記構成で店頭予想価格は5万円前後

インターフェースはUSB2.0×3、VGA、HDMI、LAN、マイク入力、ヘッドフォン出力、
ワイヤレス機能のオンオフ、6in1メディアカードリーダー、電源コネクタ、セキュリティスロット・・
といった内容で標準的です。

販売予定日は4月30日(土)、全国の量販店での販売となります。