パナソニックの Let’snote 2010年夏モデルが、5月27日より順次発売開始されるそうです。

インテルのチップセット不具合の問題を、他メーカーほどは受けなかった Let’snote ですが、
なんとなく春モデルの印象が薄く、消化しないままに夏モデルが発表されてしまいました。

春モデルではまだ、旧世代のCore iプロセッサを搭載していた機種(C1やJ10)がありましたが、
夏モデルでは全てのモデルで Sandy Bridge が採用されます。

さらに多くのモデルでバッテリー駆動時間が伸びると共に、J10やS10、N10にはUSB3.0を搭載。

どのモデルもこれまでと同じく、サイズの割りに軽量ですし、
N10やS10においては最大約16.5時間ものバッテリー駆動時間を実現、
また直販モデルにおいては最大16GBメモリを搭載したモデルが提供されるなど、
内容はかなり充実しています。

Let’snote は一般的に見ると高価ですが、最近のモデルはパフォーマンスも高いですし、
もともと長いバッテリー駆動時間も以前に比べるとかなり伸びていますので、
一概に高いとは言えなくなってきたように思います。

というわけで以下、簡単な仕様と価格です。


【Let’snote C1】

Core i5-2520M vPro(2.5GHz)
12.1型(1,280×800/マルチタッチ)
4GBメモリ
320GB HDD
バッテリ駆動時間(バッテリー1個利用)約7時間
約1.46kg(バッテリー1個利用)

発売:6月24日
店頭予想価格:20万円前後

コンバーチブル型のタブレットPCです。


【Let’snote J10 (以下はハイパフォーマンスモデル)】

Core i5-2410M(2.3GHz)
10.1型(1,366×768)
2GBメモリ
128GB SSD
バッテリ駆動時間(6セル)約13時間
約990g

発売:5月27日
店頭予想価格:18万円前後

USB 3.0搭載です。
なお、スタンダードモデルはCore i3-2310M、250GB HDDで店頭予想価格が12万円前後となります。


【Let’snote N10/S10】

Core i5-2520M vPro(2.5GHz)
12.1型(1,280×800)
4GBメモリ
640GB HDD
DVDスーパーマルチドライブ(S10)
バッテリ駆動時間 約16.5時間
S10:約1.34kg、N10:約1.28kg

発売:5月27日
店頭予想価格:S10:20万円前後、N10:19万円前後

S10とN10の違いは光学ドライブの有無です。
USB 3.0搭載。


【Let’snote B10 】

Core i5-2520M vPro(2.5GHz)
15.6型(1,920×1,080)
4GBメモリ
640GB HDD
バッテリ駆動時間 約6時間
約1.88kg

発売:5月27日
店頭予想価格:17万5千円前後

春に追加されたばかりのフルHD対応15.6型ノートPCです。
他モデルにはない、独自の機能を搭載しています。



上記は全てのモデル、構成を記載しているわけではありません。

直販のマイレッツ倶楽部モデルではメモリ最大16GBのモデルや、
Core i7-2620M搭載モデルなども用意されます。

各モデルの詳細については、公式サイトをご覧下さい。