2011年4月12日に レノボ・ジャパンより発表されたSandy Bridge搭載デスクトップ新製品、
ThinkCentre M91 Eco Ultra Small 」と「 ThinkCentre M91p Eco Ultra Small 」の詳細です。

ThinkCentre M91 Eco Ultra Small

今回の製品は、2011年3月に登場したレノボのハイエンドデスクトップPC、
「 ThinkCentre M91 」や「 ThinkCentre M91p 」に、
コンパクトサイズのEco Ultra Small筺体を採用した省スペースモデル。

以前、Eco Ultra Small筺体を採用した ThinkCentre A58e Eco Ultra Small
を見た事があるのですが、想像以上に小さいです。
狭いデスクの上は勿論、モニタの下などに設置しても邪魔にならないサイズです。

内容に関しては、インテルの最新プロセッサ Sandy Bridge や、
レノボの独自機能である Lenovo Enhanced Experience 2.0 も搭載。

その他最大8GBのメモリや光学ドライブ、オプションではSSDも提供されるそうで、
インターフェースにおいては8つのUSB2.0ポートなども備えます。
さすがに拡張性はそれ程高くはありませんが、サイズを考えると充実している方ではないでしょうか。


というわけで以下、ThinkCentre M91 Eco Ultra Small、
及び M91p Eco Ultra Small の主な仕様です。


【ThinkCentre M91 Eco Ultra Small(7516C3J/オフィス無し)の主な構成】

OS Windows 7 Professional 32bit
プロセッサ Core i3-2100(3.1GHz)
チップセット Q67 Express
グラフィックス HDグラフィックス2000
メモリ 2GB(PC3-10600 DDR3 SDRAM/最大8GB)
ストレージ 320GB HDD(7200rpm)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
拡張スロット PCI×1(low profile)
拡張ベイ 5.25型×1(0)、3.5型HDD×1(0)、3.5型FDD×1(0)
サイズ 275×238×79(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 4.18kg(最大構成)

上記構成の M91 Eco Ultra Small の価格は¥111,300(税込)。

インターフェースの内容は、USB2.0×8、VGA、DisplayPort、LAN、セキュリティスロット、
マイク入力・ヘッドホン出力(前面)、ライン入力・ライン出力・マイク入力(背面)となります。

オフィスを搭載したモデル(7516C4J)では、上記と同一の構成で価格は¥131,250(税込)。


【ThinkCentre M91p Eco Ultra Small(0266C3J)の主な構成】

OS Windows 7 Professional 32bit
プロセッサ Core i5-2400s(2.5GHz)、インテルAMT対応
チップセット Q67 Express
グラフィックス HDグラフィックス2000
メモリ 2GB(PC3-10600 DDR3 SDRAM/最大8GB)
ストレージ 320GB HDD(7200rpm)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
拡張スロット PCI×1(low profile)
拡張ベイ 5.25型×1(0)、3.5型HDD×1(0)、3.5型FDD×1(0)
サイズ 275×238×79(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 4.18kg(最大構成)

M91とプロセッサ周り以外の構成は殆ど変わりません。
この M91p Eco Ultra Small には省電力性に優れたCore i5-2400sが搭載されているのが特徴です。
(今回のモデルは従来製品の約25%の省電力化を実現しているそうです)

上記構成のモデルの価格は¥121,800(税込)。


両モデルとも、レノボの直販サイトでは5月中旬の発売予定との事です。