Edge E420 や E520 の記事に引き続き、同日に発表された Thinkpad X220 Tablet の詳細です。

Thinkpad X220 Tablet

この Thinkpad X220 Tabletは、X220 のタブレット版となるノートPCで、
従来のX201 Tablet の後継モデルとなります。

デザイン面ではTやWシリーズにも採用されている、EscやDeleteが縦長のキーボードを搭載し、
大きくなったクリックパッド、磁石使用のラッチレス構造を採用するなど、X220と同じ。

さらに マルチタッチ機能を搭載した12.5型の非光沢液晶を搭載し、
コンバーチブル構造を採用する事で、タブレットスタイルでの使用も可能となっています。


今回のモデルの特徴としては、やはりSandy Bridgeの採用が最も大きなものとなりますが、
Lenovo Enhanced Experience 2.0の搭載やたピークシフト機能の搭載など、
各所に新しい要素が追加されています。

また、レノボのタッチ機能搭載モデル(ノート、デスクに限らず)には「ShimpleTap」という、
タッチスクリーン用のツールが搭載されているのですが、
今回のX220 Tabletではその次期バージョンとなる「SimpleTap 2.0」が搭載されています。

なお、解説ではディスプレイにIPS方式採用の液晶・・という一文が見られますが、
IPS液晶が標準搭載なのか、オプションで追加となるのかは今の所不明。
その他のインターフェース等に関しては、X220とさほど大きく変わらないようです。

バッテリーは、6セルバッテリーの搭載では最大8.3時間のバッテリー駆動が可能との事で、
外出時でも安心して使えるレベルの駆動時間を実現しています。
ただ、3セルで重量は1.66kgとの事なので、6セルだとやや重量は重めとなりそうです。


というわけで以下、Thinkpad X220 Tablet の主な仕様の詳細です。


【Thinkpad X220 Tablet(42962AJ)の主な構成】

OS Windows 7 Professional 32bit
プロセッサ Core i5-2520M(2.5GHz)
チップセット QM67 Express
グラフィックス HDグラフィックス
メモリ 2GB(PC3-10600 DDR3 SDRAM/最大8GB)
ストレージ 320GB HDD(7200rpm)
ディスプレイ 12.5型マルチタッチHD(1,366×768)、光沢なし
無線機能 Centrino Advanced-N + WiMAX 6250 a/b/g/n + Bluetooth v3.0
バッテリー 3セル(駆動時間:不明、6セルの場合最大8.3時間)
サイズ 305.0×228.7×27~31.3(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約1.66kg

上記構成の Thinkpad X220 Tablet の価格は¥186,900(税込)~。

ウェブでは Core i3 や Core i7 他、構成のカスタマイズが行え、
オプションでデジタイザーペンの追加も可能です。

上記3セルバッテリーの駆動時間は不明ですが、
6セルバッテリー搭載時の駆動時間は最大で約8.3時間となります。


インターフェースの内容については、USB2.0×2、Powered USB2.0×1、VGA、DisplayPort、LAN、
マイク入力とヘッドフォン出力のコンボ、ExpressCardスロット、3in1メディアカードリーダー、
720p対応のウェブカメラ等。

液晶ベゼルには、タブレットスタイル時用の電源ボタンや画面ローテーションボタン、
各種メニュー・ボタンを配置。

レノボの直販サイトでの販売開始予定日は、4月下旬との事です。