先日のThinkpad X220、W、T、Lシリーズ新製品の発表・発売に続き、
今度は Thinkpad Edge E420E520X220 Tabletが発表されました。

Thinkpad X220 Tabletは、現在販売されている X220 のタブレット版となるモデルで、
ヒンジ部分にコンバーチブル構造を採用し、タブレットスタイルとしても使用可能となっています。

X220と同じく開閉部にはマグネット式のラッチや、
従来よりもサイズの大きなタッチパッド(クリックパッド)を採用し、従来モデルの筺体デザインを一新。
ディスプレイには12.5型のマルチ液晶を採用しています。

勿論、他の新製品と同様、Lenovo Enhanced Experience2.0 や ピークシフト機能も搭載しています。


一方で Thinkpad Edgeシリーズの新製品 E420 E520 に関しては、
両者とも従来の筺体デザインをある程度踏襲しつつ、天板などはよりスタイリッシュな新デザインを採用。
(従来モデルで余り良いと思えなかった部分が無くなり、新たな要素を加えた感じです)

仕様に関しては、14型の Edge E420 も15.6型の Edge E520 もかなり似ており、
プロセッサにSandy Bridgeを採用する他、最大8GBのメモリや500GBのHDD、
最大6.8時間の駆動が可能な6セルバッテリーを搭載。
上記のX220 Tabletと同じく、Lenovo Enhanced Experience2.0 や ピークシフト機能を搭載します。

なお、14.0型の液晶を搭載する E420 は直販のみでの販売となるそうです。


というわけで、後の記事で各モデルの内容を詳しくみていきたいと思います。