ドスパラより、デュアルGPUのGTX 590を搭載したゲームPC「 Prime Galleria WXG 」が販売開始されました。

Prime Galleria WXG

今回のマシンに搭載されている GTX 590は、
3月24日にNVIDIAより発表(日本は25日以降発売)されたばかりの最新GPUで、
1枚のカードの上に2基のGPUを搭載しています。

メディアなどの報道によると、GTX 580と比較して約50%(平均)ものパフォーマンス向上を
実現しているとの事で、非常高いグラフィック性能が期待できそうです。

なお今回の「 Prime Galleria WXG 」は、第2世代Core iプロセッサーを搭載するドスパラのデスクトップPC内では、
現時点では最もパフォーマンスの高い構成が可能なモデルとなります。

基本構成モデルでCore i7-2600Kや8GBのメモリ、2TBのHDD、GTX 590、
Blu-rayドライブを搭載するなど、全体的にハイスペックな内容で価格は189,980円(税込)。

もちろんカスタマイズで下位のプロセッサや容量の小さいメモリ、ストレージ、
光学ドライブにおいてもDVDスーパーマルチドライブなどにスペックダウンする事も可能です。


というわけで以下、Prime Galleria WXG の主な仕様です。


【Prime Galleria WXG】

OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ Core i7-2600K (3.40GHz、TB時最大3.80GHz/L3:8MB)
チップセット P67 Express(不具合対策済み)
ビデオカード GeForce GTX590(3GB)
メモリ 8GB(4GB×2/PC3-10600 DDR3 SDRAM/最大16GB)
ストレージ 2TB HDD
光学ドライブ Blu-rayドライブ(読み書き対応)
拡張スロット PCI Express x16×1、PCI Express x1×3、PCI 2.0×3
拡張ベイ 5.25インチ×4、3.5インチオープン×2、3.5インチシャドウ×4
ケース CBケース
電源 750W 80PLUS 静音電源
サイズ 192×511×436(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約13kg

上にも記載しましたが、上記の基本構成の価格は189,980円(税込)。

やや高めに思えますが、上記構成は比較的上位の構成となっており、
カスタマイズでスペックダウンも可能です。(グラフィックスに関してはカスタマイズは不可)。