先日のThinkpad W520の記事で、現状では最大8GBまでしか選択できない・・と記載しましたが、
Core i7-2720QM 以上のプロセッサを選択すると、16GBのメモリを選択できるようになるようです。

W520のオプション

あと、グラフィックスにおいても、
現在 W520 では NVIDIA Quadro 2000M と 1000M が提供されていますが、
デフォルトでは Quadro 1000M しか表示されていません。

Quadro 2000Mは、15.6型HD+(1600×900)以上のディスプレイを選択する事で表示されます。

このように W520 は最高で最上位のCore i7-2920XM、
グラフィックスにも Quadro 2000M を選択できるなど、非常にハイパフォーマンスな仕様のモデルです。
価格も高価ではありますが、内容以上に高いという事はないと思います。

現在、最小構成でのキャンペーン価格は 155,820円 と、Wシリーズにしてはかなり安価ですので、
パフォーマンスの高いノートPCを検討されている方には、要チェックの製品。
クーポンを使用すればよりお得に製品の購入が可能です。