ThinkPad X220新TシリーズW520に引き続き、最後は Thinkpad L420L520 の詳細です。

L520

この Thinkpad Lシリーズは、昨年に登場したばかりの比較的新しいモデル。

現在のThinkpadのメインストリームに位置づけられるシリーズで、
ビジネスに必要な機能やスペックを備えながらも、大量導入しやすい価格設定が魅力です。

どちらかというと、他シリーズに比べて露出が少なく(メインストリーム機なのに)、
全体的に地味な印象を受けるモデルではありますが、必要なものは備えつつも無駄がなく、価格以上に内容は充実しています。

ただ、これまでのThinkpadとはややデザインが異なりますので(6段キーボードなどSLシリーズと同じ)、
ThinkpadらしいThinkpadが欲しい、という方には合わないかもしれません。


というような感じで前置きが長くなりましたが、今回登場した Thinkpad L420、L520は、
他シリーズと同じくプロセッサにインテルのSandy Bridgeを搭載しています。

そして、やはり他シリーズと同じように Lenovo Enhanced Experience 2.0 や
ピークシフト機能、新しい省電力マネージャー等も搭載。
X220の記事の最後の方でLow Power Multimediaとは何?と言うような事を記載しましたが、
新しい省電力マネージャーの機能の一つのようです。

低価格ではありますが、他のビジネスモデルと同じような機能を多数搭載しており、
安価 &地味でも内容はそこそこ充実・・と言う部分は、従来モデルと変わらないようです。
(オプションの内容やパーツなど、所々の違いはあるにせよ)


というわけで以下、Thinkpad L420、L520の主な仕様です。


【Thinkpad L420 の主な構成】

OS Windows 7 Professional 32bit
プロセッサ Core i3-2310M(2.10GHz)/i5-2520M(2.5GHz)/i7-2620M(2.7GHz)
チップセット HM65 Express
グラフィックス HDグラフィックス
メモリ 最大8GB
ストレージ 最大500GB HDD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 14.0型HD(1,366×768)、光沢なし
無線機能 Wi-Fi無線LAN、WiMAX(オプション)
バッテリー 6セル(駆動時間:最大約5.5時間※構成によります)
重量 約2.61kg

L420に関しては、現時点ではまだ仕様が公開されていませんので、
とりあえず分かる範囲で記載しています。

※分かり次第追記します。



次に、Thinkpad L520の主な構成です。

【Thinkpad L520 の主な構成】

OS Windows 7 Professional 32bit
プロセッサ Core i3-2310M(2.10GHz)/i5-2520M(2.5GHz)/i7-2820QM(2.30GHz)
チップセット HM65 Express
グラフィックス HDグラフィックス
メモリ 最大8GB
ストレージ 最大500GB HDD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 15.6型HD(1,366×768)、光沢なし
無線機能 Centrino Advanced-N 1000
バッテリー 6セル(駆動時間:最大約7.1時間※構成によります)
サイズ 380×247×32~36(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約2.61kg
保証 1年

L520の主な構成は上記のようになります。

インターフェースの内容は、USB2.0×3、eSATAとUSBのコンボ、VGA、ディスプレイポート、LAN、
マイク入力・ヘッドフォン出力のコンボ、無線機能のオンオフスイッチ、ドッキングコネクター、
ExpressCardスロット、4in1メディアカードスロットなど。

価格は、Core i3-2310Mを搭載した最小構成モデル(7859RZ8)が114,450円(税込)
販売開始予定日は3月30日という事で、本日から販売開始です。

【Thinkpad 新製品の記事】
ThinkPad X220の詳細
ThinkPad T420、T420s、T520の詳細
ThinkPad W520の詳細
ThinkPad L420、L520の詳細 (現在見ている記事)