前のThinkpad X220の詳細記事に引き続き、同じく新製品である Thinkpad Tシリーズの詳細です。

T420s

従来のモデルがT410、T410s、T510というラインアップであったのに対し、
新製品はThinkpad T420、T420s、T520というラインアップで提供されます。

ハイレベルなパフォーマンスを持ち合わせたビジネス向けのノートPCという、
各製品のコンセプトは旧モデルと変わらず、14型の T420 に15.6型の T520、
そして T420 の軽量バージョンである14.1型の T420s といった内容の製品となります。

このTシリーズの大きな特徴としては、従来と同じくNVIDIA Optimusの搭載により、
GPUの自動切換えや4画面の同時出力が可能であるという機能などがあるのですが、仕様を見る限りでは、
Optimus(対応のGPU)を搭載できるのは T420 と T520 のみで、T420sの仕様にそのような記載は今の所見当たりません。

が、160GBのSSDなどを搭載できるなど、パフォーマンスには期待できそうです。

その他の目立った特徴としては、全てのTシリーズで X220と同じ「ピークシフト機能」を搭載し、
「Lenovo Enhanced Experience 2.0」に対応、また T420s にはUSB3.0を搭載し、
書くまでもないですが全モデルにインテルのSandy Bridgeを搭載しています。

重量などは従来のモデルとそれ程変わりません。


というわけで以下、Thinkpad T420、T420s、T520の主な仕様です。


【Thinkpad T420の主な構成】

OS Windows 7 Professional 32bit
プロセッサ Core i3-2310M(2.10GHz)/i5-2520M(2.5GHz)/i7-2820QM(2.30GHz)
チップセット QM67 Express
グラフィックス HDグラフィックス(オプションでNVIDIA NVS 4200M 1GB)
メモリ 最大8GB
ストレージ 最大500GB HDD/最大160GB SSD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 14.0型FHD(最大で1900×1080)、光沢なし
無線機能 Centrino Advanced-N 1000 b/g/n、WiMAX(オプション)、Bluetooth v3.0
バッテリー 6セル(駆動時間:最大約8.5時間)
サイズ 340.5×233×30.1~30.5(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約2.24kg
保証 1年

インターフェースに関しては、USB2.0×2、Powered USB2.0×1、eSATA/USBのコンボ、
VGA、ディスプレイポート、LAN、無線機能のオンオフ、マイク入力・ヘッドフォン出力のコンボ、
ドッキングコネクター、Expressカードスロット、4in1メディアカードスロットなど。

T420に関しては仕様が見当たらず、はっきりとした内容が記載できないのですが、
分かる部分に関しては上記のような内容となります。
※後ほど仕様が公開されたため、構成に若干追記しました。

価格は最小構成(Core i3-2310M/型番:4177RZ8)のT420iで、129,150円(税込)



次に、T420の軽量版モデルである Thinkpad T420sの主な仕様です。

【Thinkpad T420s (41716GJ)の主な構成】

OS Windows 7 Professional 32bit
プロセッサ Core i5-2520M(2.5GHz)
チップセット QM67 Express
グラフィックス HDグラフィックス
メモリ 2GB(2GB×1/PC3-10600 DDR3 SDRAM/最大8GB)
ストレージ 最大320GB HDD(7200rpm)/160GB SSD(オプション)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 14.1型HD+(1600×900)、光沢なし
無線機能 Centrino Advanced-N 6205 a/b/g/n、Bluetooth v3.0
バッテリー 6セル(駆動時間:約4.9時間)
サイズ 343.0×230.1×21.2~26.0(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約1.8kg
保証 3年

インターフェースに関しては、USB2.0×1、Powered USB2.0×1、USB 3.0×1、VGA、
ディスプレイポート、LAN、無線機能のオンオフスイッチ、マイク入力とヘッドフォン出力のコンボ、
Expressカードスロット、4in1メディアカードスロットなどを搭載。

価格は上記の型番「41716GJ」のモデルで、199,500円(税込)

光学ドライブを搭載しながらも、約1.8kgの重量を実現しているという点は、
従来のT410sと変わりません。



そして最後は、Thinkpad T520の主な仕様です。

【Thinkpad T520 の主な構成】

OS Windows 7 Professional 32bit
プロセッサ Core i3-2310M(2.10GHz)/i5-2520M(2.5GHz)/i7-2820QM(2.30GHz)
チップセット QM67 Express
グラフィックス HDグラフィックス(オプションでNVIDIA NVS 4200M 1GB)
メモリ 最大8GB
ストレージ 最大500GB HDD/最大160GB SSD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 15.6型FHD(最大で1900×1080)、光沢なし
無線機能 Centrino Advanced-N 6205 a/b/g/n or Centrino Wireless-N 1000 b/g/n
、WiMAX(オプション)、Bluetooth v3.0
バッテリー 6セル(駆動時間:最大約6.6時間)
サイズ 372.8×245.1×31.8~35.6(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約2.6kg
保証 1~3年

インターフェースに関しては、USB2.0×2、Powered USB2.0×1、eSATA/USBのコンボ、
VGA、ディスプレイポート、LAN、マイク入力・ヘッドフォン出力のコンボ、ドッキング・コ
ネクター、
IEEE1394、Expressカードスロット、4in1メディアカードスロットなど。

T520もT420と同じく詳細な仕様が見当たりません。
※後に仕様が公開されたので、上記構成に若干追記しました。

若干T420よりもT520の方が重く、そしてなぜか駆動時間が僅かではありますが長くなっています。
(筺体が大きいとその分電力を消費しそうな感じですが、そうではないのでしょうか)
※後に、T420の駆動時間が6時間→8.5時間と訂正されたようです

価格は最小構成(Core i3-2310M/型番:42394BJ)のT520iで、129,150円(税込)



Tシリーズに関してはこのような感じで、X220のようにデザイン等は変わっていませんので、
操作感に関しては全く問題ないと思います。

ただ、私的には Tシリーズを携帯するのは辛いものがありますので(2kgを切るT410sでも)、
今の所最も気になるのはX220かなあと思います。

これらのモデルは2011年3月30より、レノボの直販サイトで販売開始予定です。

【Thinkpad 新製品の記事】
ThinkPad X220の詳細
ThinkPad T420、T420s、T520の詳細 (現在見ている記事)
ThinkPad W520の詳細
ThinkPad L420、L520の詳細