今日は出かけようと思っていたのですが、天気予報どおり雨が降ってきたので、
出かけるのは断念して朝から部屋の整理をしていました。

普段は見えるところしか片付けないので、
棚の中には仕事の資料やノート、プリントなどが溜まりに溜まっています。

というわけで、それらを一掃するべく仕分けしていたら、
バインダーなどに混じって素敵なものが出てきました。

X60とLenovoの北京オリンピックモデル

なんと未使用の Thinkpad X60と、2008年の北京オリンピック時に登場した、
聖火トーチのデザインの特別限定モデルを発見してしまいました。

多分



X60 天板

X60 天板

Thinkpad X60の天板。



Thinkpad ロゴ

まだロゴにIBMの文字が入っています。



X60 底面

X60の底面。
バッテリーが標準のものなので、駆動時間は短いです。



X60 左側面

X60の左側面。
特に何も見当たりません。



X60 前面

前面にも、特に何も配置されていません。



X60 右側面

右側面にも何も見当たらず・・
全くインターフェースが充実しておらず、使い道がかなり限定されそうです。



X60全体

X60を斜めから

X60のディスプレイを開いた所。
12.1型(1,024×768)の非光沢液晶を搭載していますが、微妙に12.1型では無い感じです。



X60のキーボード

X60のキーボード。
スクエア型のThinkpadならではのキーボードを搭載しています。



X60ロゴ

液晶ベゼルの左下には、X60とレノボのロゴを配置。



トラックポイントと指紋センサー

当然トラックポイントも搭載。
指紋センサーはタッチパッドの位置に配置されています。



Thinkpad ロゴ

右側のパームレストにも、Thinkpadのロゴ。



X60のノートでした

マシンの内部はこんな感じで、メモ帳として使用する事も可能です。



X60とX60の比較

もうひとつのX60と比較してみました。
同じX60でも、これらのモデルは何だか中身が異なります。



X60とX60の比較

片方には拡張バッテリーが搭載されています。
拡張バッテリーでも私の使い方だと4時間持たない感じです。



X60とX60の画面とキーボード比較

キーボードとディスプレイ比較。

未使用のX60は、デフォルトでマシンの写真が表示されているというディスプレイを搭載。
そしてキーストロークがかなり浅いというか、そもそも押せません。



X60とX60のロゴ

X60のロゴ。




次に、今は全く見かけることのない、
2008年北京オリンピック時に登場した特別限定モデルです。



2008年北京オリンピック 特別限定モデル 天板

こちらのモデルは米国でのみ限定リリースされたもので、
デザインは、一般から募集された300ものデザイン案より選出されたもの。

聖火トーチをモチーフとしており、「誓いの雲(Cloud of Promise)」と名づけられています。



聖火トーチのデザインとレノボロゴ

雲のデザインとレノボのロゴ。



オリンピックモデルの底面

底面は普通な感じです。
この赤は、X100eを連想させます。



左側面

前面

右側面

先のX60と同じく、左側面と前面、右側面には何も搭載されていません。
周辺機器とのアクセスが非常に悪いモデルですが、その代わり筺体内部へのアクセスは容易です。



オリンピックロゴ

天板にはオリンピックのロゴ。



レノボ オリンピックモデルノートPC全体

オリンピックモデルノート 概要

ディスプレイを開くと、オリンピックモデルノートの概要が画面に表示されていました。



オリンピックモデルノート キーボード

キーボード

キーボードはこんな感じで、
IdeaPadのキーボードでしょうか?

それに近い感じのキーボードが採用されています。



雲のモチーフ

左側のパームレストには、雲のモチーフがプリントされています。



ノートでした

筺体内部はというと、メモとして使用可能です。




という感じで、部屋の整理をしていたら色々なPCメーカーのノベルティグッズが出てきたのですが、
このレノボPCのノートはもらった事をすっかり忘れていました。

こういったグッズを実際に売ってくれたら面白いのになあとか思うのですが、
そうなると送料無料とはいかなくなりそうです。何冊セットとかにすれば・・

折角見つけましたが、レノボPCのノートは勿体無くて使えないので、
いつまでも新品のままです。