タイトル通りです。
ついさっきまで記事のレビューを掲載していたデュアルコアThinkpad X100e が、
部材の供給終了と言う理由で本日販売終了してしまいました。

といっても、X100e自体はまだ販売しています。シングルコアですが・・

X100e

自分的に、シングルコアの X100e はパフォーマンス的に余り気乗りしないモデルではありますが、
携帯性に優れ、また Thinkpad でありながら5万円台という価格はかなりお安いです。

ネットブックよりパフォーマンスが高く、
それでいてThinkpadならではの操作性と堅牢性を持ち合わせたモデルと考えれば、良い製品だと思います。

ただ、あくまでもネットブックとX100eを見てそう思うって事ですので、
ネットブックなんて全然要らない自分にしてみると、
やはりそれ程魅力的なモデルではないと言う事になりますね。

ちなみに X100e が終了してしまったという事は、そろそろ次期モデル・・?かと思うのですが、
確か次期モデルの X120e は、海外で2月に発売だったものが3月8日に伸びたとの情報もありました。

なので、日本で発売されるまでにはもう少しかかるのでは・・などと思うのですが、
もしシングルコアの X100e の販売が終了したら、次モデルの発売までブランクの期間が出来てしまいますので、
早く日本での発売日が確定されないだろうかと思っています。

まあとにかく、デュアルコアのX100eは販売終了と言う事で、
一応デュアルコアX100eのベンチの結果等は載せますが、あまり意味がなくなってしまいましたので、
シングルコア X100e との比較でも載せようかと思っています。