2011年2月14日 ドスパラより、インテルの第2世代Core i7を搭載したノートPC、
Prime Note Galleria GT-F3」の発売が開始されました。

Prime Note Galleria GT-F3

同社がこれまでにリリースした、インテルの第2世代CPUを搭載したモデルは、
インテルの6シリーズ問題が発覚して以来サイト上から消滅していましたが、
今回のモデルでは光学ドライブやHDD等のドライブ類は問題のないSATA 6Gb/sのポートに接続。

チップセットの不具合の影響は受けないとされています。

主な構成内容は、15.6型(1366×768)の光沢液晶に、Core i7-2720QMやGeForce GT540M、
8GBのメモリ、500GBのHDD、DVDスーパーマルチドライブ他、無線機能なども搭載。

基本構成価格は99,980円(税込)~。
手頃ながらパフォーマンスは期待できる内容で、勿論カスタマイズも可能です。

今後、これに続いて色々なモデルが出てくるのではないかと思われますが、
とりあえず現時点のドスパラでは、唯一のSandyBridge搭載マシンとして注目の高性能ノートPCとなります。

というわけで以下、Prime Note Galleria GT-F3の主な基本構成です。

【Prime Note Galleria GT-F3 主な基本構成】

OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ Core i7-2720QM (2.20GHz、TB時最大3.30GHz/L3:6MB)
チップセット HM65 Express
ビデオカード GeForce GT540M(1GB)、Optimus対応
メモリ 8GB(4GB×2/PC3-10600 DDR3 SO-DIMM/最大8GB)
ストレージ 500GB HDD(5400rpm)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 15.6型ワイド(1366×768)、光沢あり
無線機能 IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth V2.1+EDR
サイズ 376×255×38(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約2.50kg

といった内容となります。

ちなみに他のインテル新CPU搭載製品については、未だサイト上から消滅したままで、
販売開始時期なども明らかにされていません。