2011年2月2日 ドスパラより、同日に発表されたばかりの GeForce GT440 を搭載した新モデル、
Prime Monarch LE」と「Prime Monarch ZE」が発売されました。

両モデル共、従来のCore iプロセッサーを搭載したミドルタワーのデスクトップPCとなります。

Prime Monarch LE

Prime Monarch LEは、Core i3-550を搭載するコストパフォーマンス重視のモデルで、
比較的人気の高い、OSを搭載しないタイプの構成となっています。
※カスタマイズでOSを搭載可能

また Prime Monarch ZE は、Core i7-950 を搭載する性能重視のモデルで、
最大24GBのメモリを積む事も可能、そしてこちらもOSを搭載しないタイプの構成となります。

いずれも標準でGeForce GT440を搭載しており、カスタマイズで GTS450 に変更する事も可能。

GT440はGT430のOC版などといわれているグラフィックスですので、
最新製品といっても特に注目するようなものでもないと思うのですが、
今回のGT440を搭載したモデルは、程ほどのグラフィックスで価格を抑えたいという方には適当です。


というわけで以下、GT440を搭載する「Prime Monarch LE」と「Monarch ZE」の詳細です。
ドスパラの製品ラインアップはこちら

【Prime Monarch LEの主な構成】

OS: なし
プロセッサ: Core i3-550(3.20GHz/L3 4MB)
チップセット: H55 Express
グラフィックス: GeForce GT440(1GB)
メモリ: 4GB(PC3-10600 DDR3 SDRAM/2GBx2/最大16GB)
ストレージ: 1TB HDD
光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
拡張スロット: PCI Express x16×1、PCI Express x1×3、PCI 2.0×2
拡張ベイ: 5.25インチ×4、3.5インチオープン×2、3.5インチシャドウ×3
ケース: GWケース
電源: 550W 静音電源
サイズ 188×480×433(幅×奥行き×高さ/mm)
重量: 約13kg

上記の構成で46,980円(税込)~。
カスタマイズで Core i3 560 も選択可能です。

それ程パフォーマンスを必要としない、
簡単なゲームが行えるような構成のマシンをお求めの方に最適です。


【Prime Monarch ZEの主な構成】

OS: なし
プロセッサ: Core i7-950(3.06GHz、TB時最大3.33GHz/L3 8MB)
チップセット: X58 Express
グラフィックス: GeForce GT440(1GB)
メモリ: 6GB(PC3-8500 DDR3 SDRAM/2GBx3/最大24GB)
ストレージ: 1TB HDD
光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
拡張スロット: PCI Express x16×2、PCI Express x1×2、PCI 2.0×2
拡張ベイ: 5.25インチ×4、3.5インチオープン×2、3.5インチシャドウ×3
ケース: GWケース
電源: 550W 静音電源
サイズ 188×480×433(幅×奥行き×高さ/mm)
重量: 約13kg

Prime Monarch ZEの基本構成価格は79,980円(税込)~。

GT440はミドルレンジのグラフィックスで高性能な製品というわけではありませんが、
Core i7-950 等を搭載していますので、パフォーマンスはそれなりに高いと思われます。
※カスタマイズでCore i7 960 の選択も可能です。

両モデルとも、基本構成はOSが搭載されていませんのでご注意下さい。