レッツノートの2011年春モデル「 Let’snote N10 」の詳細です。

Let'snote

Let’snote N10は S10 と同じ12.1型液晶を搭載するモデルですが、
S10が光学ドライブを搭載するモデルであるのに対し、
このN10は光学ドライブを持たず、オフィスを搭載したモデル等も用意されません。

私的にあまり印象に残らない内容のモデルなのですが、
今回の春モデルでは他のシリーズと同様、インテルの次世代Core iプロセッサーを搭載。

内容に関しては光学ドライブの有無以外はS10と非常に似ているため、
N10は光学ドライブが必要でないという方向けのモデルという認識なのですが、
昨年の秋に登場したJ10(光学ドライブを搭載しないモバイルPC)などもありますので、
先で述べたとおり自分の中ではあまり重要ではないモデルだったりします。

今回の春モデルでは量販店向けは1機種のみで、マイレッツ倶楽部モデル(直販)に関しては
ハイパフォーマンスモデルとプレミアムエディションの2機種が用意されます。


というわけで以下、Let’snote N10春モデルの詳細です。

(→ レッツノート春モデルの詳細 & 旧モデルの割引情報はこちら

【Let’snote N10 CF-N10(量販店モデル)】

OS: Windows 7 Professional 64bit
プロセッサ: Core i5-2520M vPro(2.50GHz、TB時最大3.20GHz)
チップセット: QM67 Express
メモリ: 4GB(4GB×1/最大6GB)
ストレージ: 500GB HDD(5400rpm)
ディスプレイ: 12.1型ワイド(1280×800)
バッテリー: 駆動時間:約15.5時間
サイズ 282.8×209.6×23.4~38.7(幅×奥行き×高さ/mm)
重量: 約1.27kg

光学ドライブ以外は、S10と同じです。

N10の上記構成モデルの店頭予想価格は190,000円前後。
オフィス搭載モデルは用意されません。

発売は2月20日予定となります。


【N10 ハイパフォーマンスモデル/プレミアムエディション(直販)】

N10 マイレッツ倶楽部モデルに関しては、
ハイパフォーマンスモデルとプレミアムエディションが提供されます。

こちらの構成もS10の直販モデルとほぼ同じ内容となっており、ハイパフォーマンスモデルではCore i5-2520M、
640GB HDD、4GBメモリ、WiMAXやBluetoothを内蔵し、バッテリー駆動時間は約15.5時間、
価格は205,350円~

一方でN10プレミアムエディションにおいては、Core i7-2620M、256GB SSD、4GBメモリ、WWAN、WiMAX、
Bluetoothを内蔵し、バッテリー駆動時間は約14時間で価格は295,750円~

N10がS10と違うのは、プレミアムエディションでは下位のパーツ(HDDなど)を選択できないという部分で、
N10は標準の状態でもかなりハイスペックな構成となります。

プレミアムエディションの最小構成価格が非常に高いのはそのためで、
フルスペックのN10が必要なのであれば良いかもしれませんが、
そうでなければS10や、サイズは小さくなりますがJ10の方が私的には魅力です。