2011年1月6日に発表されたレノボのSandy Bridge搭載マシン、
IdeaCentre K330IdeaPad Y560p が本日より販売開始となります。
(→ IdeaPad Y560p の詳細 → IdeaCentre K330 の詳細

Y560p
IdeaPad Y560p

IdeaPad Y560p は IdeaPad Y560の後継となるモデルで、
15.6型(1,366×768)の光沢液晶やインテルの最新プロセッサ Core i7-2630QM を搭載します。

HDDとSSDを両方搭載し、レノボのシステム高速化技術「Lenovo RapidDrive SSD Technology」を採用。
Y560 と同じように、レノボ独自の様々なソフトウェアや機能が搭載されます。
(IdeaPad Y560p には Lanovo EE 2.0は採用されていないそうです)


そしてIdeaCentre K330 は K320 の後継となるモデルで、NVIDIA 3D Vision に対応
やはりこちらも Y560p 同様、Core i7-2600やi5-2300といったインテルの最新CPUを搭載します。

IdeaCentre K330
IdeaCentre K330

この K330 はゲームや動画の編集等、マシンに負荷のかかる作業も可能な構成内容となっており、
3Dモニターとのバンドルモデルでは、2D映像を3D映像に変換して楽しむ事も可能。

日本では、初めて Lenovo Enhanced Experience 2.0を採用した新モデルという事で、
一体どの程度高速であるのかが気になる所です。


今回の新製品、最新のCPUなど構成にも注目したい所ですが、
それよりも Lenovo EE 2.0 によるパフォーマンスの向上などに興味があります。

高性能なモデルだと元々処理が高速な為、そのパフォーマンスが性能によるものなのか、
Lenovo EE 2.0 によるシステムのチューニングによるものなのかがわかり難いように思うのですが、
以前の Lenovo EE (前バージョン)を搭載したCore i3のそれ程高性能でないマシンでも、
起動終了に関しては非常に高速でした。

というわけで、その新しいバージョンである Lenovo EE 2.0 搭載マシンにはかなり期待出来そうです。


現在の所、上記2モデルは量販店のみでの販売となっています。
製品に興味のある方は、店頭に展示のモデルをチェックされてみてはいかがでしょうか。