前からうすうす気づいていたのですが・・というより、
昨年末にヨドバシで見かけて微妙にショックを受けていたのですが、
日本HPより、昨年の秋に発売されたプリンター(複合機)「ENVY 100」や「C310c」が、
現在量販店で半額近い価格まで値下げされています。

ENVY 100

なぜショックなのかというと、1万円以上値下げされたその時点でも、
HPの直販では定価そのままの価格で販売されており、まあそれが普通なのかもしれませんが、
買った後に量販店販売のモデルを見た方はショックだろうなあと・・

この2モデルはアプリdeプリント(Print Apps)や、
メールdeプリント(ePrint)といった機能を搭載しており機能的にはかなり面白いのですが、
他メーカーと比較してやや価格が高めだと言う声もあり、
何を重視するかによって良いともそうでないとも言える微妙な製品でした。

実際に使った感触としては、2モデルともここがこうだったら・・なんて部分はあるにせよ、
随時追加されるアプリや、従来のプリンタとはまた違った使用法も可能となるなど、
必ずしも高いとはいえないというのが自分の意見だったのですが、
ヨドバシで安価になった製品を見たときには衝撃的でした。


ちなみに現在直販では、C310cの方は ¥27,930 →¥21,000 に値下げされていますが、
ENVY 100に関しては定価のまま(¥29,820)です。

いくら何でも、1万円以上価格に差があるのに、そのまま売るのは・・・


ちなみにこのENVY100、単なる複合機としてみた場合、
定価のままだと「面白いけどちょっと高いよね」というのが知人と一致した意見だったのですが、
価格低下した現在の ENVY100 は、非常にコストパフォーマンスの高いお勧めプリンターだといえるでしょう。

携帯やPCなどのメールからプリントできるePrint機能や、
様々なアプリを無償で使用できるPrint Apps(しかも随時アプリや機能は追加される)など、
とても面白い機能を搭載したモデルが安価に入手可能です。

製品に興味をお持ちの方は、是非量販店の価格をチェックしてみてください。

なお、機能の詳細については以下に記載のリンクより、過去のレビュー記事等もご覧になってみてください。
これまでのプリンターとは少々違うという事が分かるかと思います。