昨日(2011年1月11日)、日本HPの春モデル新製品が発表されましたが、
その発表にちなんで荻窪事業所で開催された、日本HPの春モデル最新製品の内覧会へ行ってきました。

最新製品とは、9日に発売となったインテルの新CPU(Sandy Bridge)を搭載した新製品を含む、
個人向けのノートPC及びデスクトップPCの春モデル数機種で、
HP Directplusモデル(直販)においては既に販売が開始されています。
(※量販店モデルは1月20日より発売)

日本HP 荻窪事業所

とりあえず今回の記事では、会場で聞いた春モデルの特徴や、
展示されていた実機の写真など、見聞きした内容の流れを簡単に掲載してみました。

各モデルのより詳しい内容については後日掲載します。



まずはノートPCの春モデル新製品の解説です。
今回の2011年ノートPC新製品では主に・・

・新プロセッサーテクノロジー搭載モデルの追加
・低価格モデルの拡充

といった部分を強化。

春モデルでは、新製品と共に従来モデルのマイナーチェンジモデルも多く見られますが、
それらについても基本機能が大幅にアップ。

従来モデルよりも、より向上したパフォーマンスを実現しているとの事です。



新CPUについての解説

第2世代インテルCore プロセッサー(Sandy Bridge)を搭載したモデルにおいては、、
処理能力が大幅に向上したターボブースト・テクノロジー2.0にバージョンアップした点や、
CPUと同一ダイに格納される事によって進化した内蔵グラフィックスなどにより、
これまで以上に快適なパフォーマンスで作業が行えるようになりました。

ただ動画編集や、処理能力を必要とする3Dゲーム等を楽しむためには、
やはりディスクリートGPUが必要。

なので新CPUを搭載したモデルにおいても、
外付けのGPUを搭載できるような構成が提供されています。


というわけで、各モデルの内容を見ていきます。

dv7-5000

こちらはインテルの新CPUを搭載した、dv7-5000
17.3型(1,600×900)の液晶を搭載しています。



dv7-5000の解説

dv7-5000のプロセッサには Core i7-2820QM / 2720QM / 2630QM、
グラフィックスには Radeon HD 6570を標準で搭載。

基本性能は同シリーズのdv7と同じです。
標準構成で79,800円~



dv6-4000 Premium

こちらも新CPUを搭載した、dv6-4000 Premium



dv6-4000 Premium天板

15.6型(1,366×768)液晶のモデルとなりますが、デザインはdv7と同じです。



dv6-4000 Premiumの解説

プロセッサにはCore i7-2720QM / 2630QM、
グラフィックスにはHD Graphics 3000 / Radeon HD 6570を用意し、
標準構成価格は66,780円~



HP G56

こちらはSandy Bridge搭載モデルではありませんが、
春モデルの新製品として追加された「HP G56 Notebook PC」です。

写真は米国仕様のモデルとなります。



HP G56天板

天板はブラック。
シンプルさを追求したモデルとの事です。



HP G56の解説

HP G56には、15.6型(1,366×768)液晶、Celeron T3500を搭載。
価格は55,000円前後で、量販店での販売のみとなります。



dv6 a/iの解説

そして秋冬のマイナーチェンジモデルとなる、dv6adv6i
今回の春モデルより、新色の「ソノマレッド」が追加されました。



dv6 a/i 3カラー

dv6 a/i 3カラー天板

左からブラックチェリー、シャンパンゴールド、ソノマレッド。



dv6a ソノマレッド

dv6aのソノマレッド。
dv6aはAMDプロセッサを搭載したモデルです。



dv6a天板

デザインはfacet(フェシット)を採用。



dv6aパームレスト

筺体には、ややマットな質感の素材を使用しています。

このソノマレッドは、元々は米国のみで採用されていたカラーだそうで、
日本で展示した所、反響が大きかった為に国内でも採用したのだそうです。



HP Mini 110-3500

春モデルのネットブック新製品「HP Mini 110-3500」。
10.1型(1,024×600)の液晶や、Atom N550を搭載しています。



HP Mini 110-3500天板

カラーはムーンライトホワイト。
重量は3セルバッテリ搭載で、約1.19kgとなります。



春モデル新製品の主要なモデルに関しては、上記のような感じとなります。

今回新たに追加された製品を大まかにまとめると

・HP Pavilion Notebook PC dv7-5000 (Sandy Bridge)
・HP Pavilion Notebook PC dv6-4000 Premium (Sandy Bridge)
・HP G56 Notebook PC (価格重視のエントリーモデル)

となります。

ちなみにここに掲載したのは全ての製品ではありません。
その他の ENVY 14 やdm1a 等については、従来と大きく変わるものではないため、また後日の記事に掲載します。


次にデスクトップPCの概要ですが、長くなりそうなので別記事にします。