レノボの低価格ノートPCブランド、Lenovo Gシリーズの14型液晶搭載モデル
Lenovo G465」が現在3万円台半ばと非常に安価です。

Lenovo Gシリーズ

このG465は、昨年(2010年)の11月に登場したAMDプロセッサ搭載のノートPC。

12月24日に発売のG565や、インテルCPU搭載モデルG560に付いては何度か触れましたが、
このLenovo G465はG565の下位モデルに当たる製品で、現在量販店のみで販売されています。
→ Lenovo G565 が本日発売 4万円台の15.6型AMD採用ノートの詳細 

内容的にそう大きくG565と変わるものではなく、
プロセッサにはAthlon II Dual-Core P340(2.2GHz)、14型のWXGA(1366×768)や1GBメモリ、
250GBのHDDに無線LAN、光学ドライブなどを搭載します。

異なるのはテンキーの有無にプロセッサの種類、メモリ容量などで、
重量もG565が約2.6kgであるのに対し、G465では約2.2kgとやや軽量です。

なお、現在の最安価格はG465が¥35,589、12月24日発売のG565が¥39,799との事で、
G565も短期間の間に価格を下げる形となっています。

3万円台というと、ネットブック並かそれ以下の価格です。

Athlon II Dual-Core P340(G465)やP360(G565)等のプロセッサや14~15型の液晶、
無線LAN、光学ドライブ等を搭載しながら、この価格の実現はそう多くはありません。
(しかも新しい製品です)

パフォーマンスに関しては両者にそう大きな違いはありませんが、
自分的には据置き用途に購入するのであれば、テンキー付・メモリ2GB、15.6型液晶搭載のG565でしょうか。
パフォーマンスを求めるのであれば、やや割高なG560がおすすめです。(Core i3~i5搭載)

なお、価格に関しては随時変化しますので、上に記載の通りではないかもしれません。