朝から仕事と年末のあれこれでバタバタしていたため、ろくにものを食べていませんでした。
というか、食べていない事に夕方になって気づき・・

気づくと無性にお腹が空いてたまらなくなったので、
それ程遠くない場所にある回転寿司のチェーン「平禄寿司」に行きました。

平禄寿司

ここは結構近いにも関わらず、3年ほど前に2回程訪問したきりだったので久しぶりです。

回転寿司屋ですが、回転台に余りお皿は載っておらず、
殆どの場合注文して握ってもらうというスタイル。

一品一品が驚くほど安価なのが魅力です。


平禄寿司のメニュー

メニューはこんな感じ。
載っていないメニューもあるそうで、壁一面に「本日のメニュー」などが貼り付けてあります。

基本的に一皿136円、トロや大トロなどは若干高くなりますが、それでも安価。

丼などのメニューはランチ限定という事で、
食べた事はないのですが、通常メニュー以上にリーズナブルです。


で、にぎりのセットなどのメニューはないかと聞いたのですが、晩はやっていないとの事。

しかし丼メニューでも、いくらや雲丹、親子(鮭といくら)丼などは晩でも提供しているという事で、
親子丼かイクラ丼かで悩んだ挙句、いくら丼を注文しました。

実は、先程の記事にも載せた「おせち」のお取り寄せに、
美味しそうな海鮮のパンフレットが付属していたのですが、
そこに山盛りの「いくら」が載っており、それをみてから食べたくて仕方がなかったのです。

なので、ちょうど良いタイミングでした。



そして運ばれてきたのはこちら。

いくら丼とお椀

写真では分かりづらいかもしれませんが、この丼かなり大きいです。

しじみのお椀付きで、こちらのお椀もやたらと大きくしじみやネギがたっぷり。
これで1050円です。



いくら丼のいくら

いくらの量がすさまじく、お腹一杯いくらを食べたいと思っていた私も、
途中で口の中が塩辛くなってきました。

握りだと一体何貫分位の量があるのだろうか、と思うくらいのいくらの量です。

結局半分食べて辛くなり・・・
一緒に来ていた連れが食べるというのであげました。

いくらなんて、お腹一杯食べられるものではないと学習しました。



うなぎと焼きサーモン

塩辛くなった口の中を緩和させる為、うなぎと焼きサーモンを注文。
さすがに安いからか、うなぎはあんまり美味しくありませんでした。



焼きサーモン

焼きサーモンは見た目はちょっと・・ですが、
適度に脂が乗っていて、さっぱりとした玉ねぎとの相性が良くて美味しいです。

寿司ネタはどちらかというと安物好きだよね、とたまにいわれます。
そんな事はないと思うけど・・トロとかも好きですし。



その他握り色々

こちらは連れが頼んだお寿司色々。
他にも頼みましたが、どれだけ食べたか覚えてません。

ですが、お腹一杯たべたのにも関わらずお会計は相当安かったです。
また近いうちに来て、別の丼を食べてみる事にします。

パフェでも丼でも、あっと驚くような見た目のメニューが大好きです。



とまあ、本日はそんな感じの晩御飯でした。

ちなみに、世間では今日から休みに入るところが多いらしいですが、
私はいつもの平日とそう変わらなく、何となくブルーです。

それにまだ晩も仕事しなくては・・
年が明けたら忙しくなるので、休み中に他の事を片付けてって感じです。