前の記事にも掲載しましたが、10月の末に発売されたASUSの冬の新製品、
Eee PC 1015PEM 」の価格が改定され、更にお求め易い価格となりました。

Eee PC 1015PEM

元々定価が39,800円(オフィスなしモデル)と安価な製品でしたが、
今回の価格改定により、39,800円 → 36,800円と3000円もの値下げが行われました。

なお、このモデルは10.1型(1024×600)のAtom N550(1.5GHz)を搭載するPCで、
1GBのメモリや160GB(250GB)のHDD、無線機能やウェブカメラを備える等、
構成的に特に目だった特徴などは見られないベーシックなネットブックです。

重量は約1.2kgと、こちらもネットブックとしては大体標準。

ですがバッテリー駆動時間が長く、
標準の6セルバッテリー搭載時でなんと最大9.2時間ものバッテリー駆動を可能にしています。

余計なインターフェースや複雑な機能などは不必要、
一般的な作業の行える安価なネットブックをお探しの方には最適なモデルだと思います。

というわけで以下、Eee PC 1015PEM のインターフェースの内容や、
エクスペリエンス・インデックスのスコア等を掲載してみました。


1015PEMのトップパネル

Eee PC 1015PEMのトップパネル。
カラーはホワイト、他にブラックも販売されています。

そういえば前は天板にEeeのロゴが入っていたと思うのですが、
これはASUSのロゴのみ。

Eeeはなんとなく安っぽい感じがするので、絶対にこちらのほうが良いと思います。



Eee PC 1015PEM の左側面

Eee PC 1015PEM の左側面。
電源コネクタ、VGA、USB2.0、排気孔が並びます。



Eee PC 1015PEM の前面

前面にはインジケーターランプのみ。



Eee PC 1015PEM の右側面

Eee PC 1015PEM の右側面。
カードリーダーにヘッドフォン出力、マイク入力、USB 2.0×2、セキュリティロックスロットにLAN。



Eee PC 1015PEM の背面

背面には何もありません。



Eee PC 1015PEM キーボード

Eee PC 1015PEM のキーボード。
アイソレーションタイプで操作感は悪くはないですが、良くもなく。

安価なネットブックですし、こんなものだと思います。



Eee PC 1015PEM タッチパッド

タッチパッドは一応分離型ですが、使い易くはないです。
まあネットブックなので・・



Eee PC 1015PEM のディスプレイ全体

Eee PC 1015PEM のディスプレイ。
LEDバックライト付 10.1型ワイド WSVGA(1,024×600)、非光沢液晶を搭載しています。



Eee PC 1015PEM のウェブカメラ

液晶上部のベゼルには、オンオフスイッチの付いたウェブカメラを搭載。



次に掲載しているEee PC 1015PEMの主な構成と、パフォーマンスです。

【Eee PC 1015PEM の主な仕様】

OS: Windows 7 Starter
プロセッサ: Atom N550(1.50GHz)
メモリ: 1GB(PC3-5300 DDR3/最大2GB)
ストレージ: 160GB HDD
グラフィックス: GMA 3150
ディスプレイ: LEDバックライト搭載 10.1型WSVGA(1,024×600)
無線機能: IEEE 802.11b/g/n
カメラ: 30万画素のウェブカメラ
バッテリー: 6セル(バッテリー駆動時間:最大約9.2時間)
サイズ: 幅 262 × 奥行 178 × 高さ 23~36(mm)
重量: 約1.2kg(バッテリー含む)
カラー: ホワイト

価格: 39,800円 → 36,800円(税込)

OSにはWindows 7 Starter、インターフェースは普通(HDMIなどはなし)。
HDDが250GBのモデルや、オフィスを搭載したモデルなども用意されています。

従来よりも3000円値下げされましたが、量販店では更に安価に販売されている場合もあるようです。



上記の構成でのエクスペリエンス・インデックスのスコアはというと・・

Eee PC 1015PEM のエクスペリエンス・インデックスのスコア

プロセッサ  3.1
メモリ  4.5
グラフィックス  3.0
ゲーム用グラフィックス  3.0
プライマリ ハードディスク  5.5

Eee PC 1015PEM の基本スコアは3.0

ネットブックなのでスコアが高いとはいえませんが、
従来のネットブックと比較すると性能は確実に向上しています。

ネットやメール、オフィスでの作業などの一般的な作業に関しては問題のないパフォーマンスです。


というわけで、Eee PC 1015PEM に関しては以上となります。

今はどのメーカーのPCも非常に安価ですが、
それでもASUSのEeeシリーズはコストパフォーマンスに優れていると思います。

今回値下げにより、更に安価になりましたので、
ネットブックの購入を検討されている方はチェックしてみてはいかがでしょうか。