2010年12月24日、ASUS がネットブックの Eee PC 3機種と、
オールインワンPCの EeeTop 1機種の価格を改定しました。

今回価格が改定されたのは、AMD採用の「 Eee PC 1215T 」、コンバーチブルノートの「 Eee PC T91MT 」、
長時間駆動のネットブック「 Eee PC 1015PEM 」、そしてオールインワンの「 EeeTop PC ET2010AGT 」の4モデル。

どれも元々低価格な製品ではありますが、よりお求め安い価格となりました。

Eee PC 1015PEM
9.2時間ものバッテリ駆動を可能とする、10.1型のEee PC 1015PEM(39,800円 → 36,800円)

中でも「 Eee PC T91MT 」(コンバーチブル型ノートPC)においては
59,800円から44,800円と15,000円もの値下げが行われており、
このタイプのノートPCとしては考えられない価格での提供となります。

今回価格が改定された、各モデルの価格の詳細はというと・・


【価格の詳細】

Eee PC T91MT  コンバーチブル型のノート
59,800円 → 44,800円 (15000円の値下げ)

Eee PC 1215T  AMDプロセッサ採用の12.1型モバイルノート
52,800円 → 49,800円 (3000円の値下げ)

Eee PC 1015PEM  長時間駆動の10.1型ネットブック
39,800円 → 36,800円 (3000円の値下げ)

EeeTop PC ET2010AGT  20型オールインワン タッチ機能搭載
74,800円 → 69,800円 (5000円の値下げ)

今回、最も値下げの大きい Eee PC T91MT の仕様を簡単に述べると、
OSはWindows 7 Home Premium、プロセッサはAtom Z520で、32GBのSSDや500GBのウェブストレージ、
2GBのメモリ、タッチ機能を搭載した8.9型ワイドXGA(1,024×768)液晶に無線LANやウェブカメラ等・・

上にも記載した通り、コンバーチブル型のノートPCで、重量がなんと約0.96kg
ややサイズが小さなモデルではありますが、軽量で非常に携帯性に優れています。

なお、その他のモデルに関しては詳しくは述べませんが、
量販店では、どのモデルも定価よりもやや低い価格で販売されているものが多いようです。


ちなみに本日(2010年12月24日)は、12月22日に発表されたASUSの「 U31F 」の発売日です。
そちらはCore i5-460Mを搭載した13.3型のモデルで、快適なパフォーマンスを発揮します。

ネットブックよりもやや高価(74,800円)ですが、メインPCとしても十分な内容のマシンで、
パフォーマンスの高いモデルを探しの方にはそちらのほうが向いているでしょう。
(→ ASUSの「 U31F 」 WiMAX搭載・8.4時間駆動のスリムなノートPC 12月24発売