先日、少しだけ記事に掲載した Thinkpad Edge 15”のレビューです。
(先日の記事→ ThinkPad Edge15”と IdeaPad Y560 と ThinkStation S20 が届きました

Thinkpad Edge 15”

Edge といえば、少し前に Thinkpad Edge 11”のレビューを掲載しましたが、
Edge 11”が11.6型の液晶を搭載していたのに対し、今回の Edge 15”は15.6型の液晶を搭載。

シリーズ中、最もサイズの大きなモデルとなります。

というわけで今回はまず、Edge 15”のデザインやインターフェースの詳細、
そして底面からアクセスできるパーツの配置など、外観を中心に触れてみたいと思います。


Edge 15” 左側面

Thinkpad Edge 15 ”の左側面。
左から排気口、VGA、eSATAとUSB2.0のコンボポート、LAN、HDMI、コンボオーディオジャック



Edge 15” 前面

Edge 15” 前面右のスロット

Edge 15”の前面右側には、7-in-1メディアカードリーダー



Edge 15” 右側面

Edge 15”の右側面は、左からUSB2.0×2、DVDスーパーマルチドライブ、
電源コネクタ、セキュリティキーホール



Edge 15” 背面

Edge 15” 背面左のUSB

背面左側には、PoweredUSB
本体の電源オフ時にも電源供給が行えるUSBポートです。



Edge 15” キーボード全体

Edge 15”のキーボード全体。



キーボード左半分

キーボード右半分

Edge シリーズ共通の、6段配列のアイソレーションキーボードを搭載。



Edge 15” トラックポイント

Edge 15” タッチパッド

Edge 15”はウルトラナビ(トラックポイントとタッチパッドの組み合わせ)を搭載。
タッチパッドはとても使いやすい形状、質感です。



レノボロゴとスピーカー

Edge 15 ”の液晶下部には、レノボのロゴとステレオスピーカーを搭載。



Edge 15” 全体

Thinkpad Edge 15”全体。

ディスプレイには、15.6型HD(1,366×768)液晶を搭載。
非光沢液晶です。



Edge 15” ウェブカメラ

液晶上部ベゼル中央には、ウェブカメラ
最近では殆どのモデルに搭載されていますが、自分は殆ど使いません。

IdeaPadのような、顔認証を行うモデルなんかだと使うかもしれません。
それ以外には用途が・・



次に Thinkpad Edge 15”の底面です。



Edge 15”の底面

Edge 15”の底面全体。



バッテリーリリースラッチ

Edge 15” バッテリー

バッテリーのリリースラッチをスライドさせ、バッテリーを取り外します。
Edge 15”は標準で6セルのバッテリーを搭載しています。



Edge 15” スロットカバー

底面下部のスロットカバーの下は・・



ワイヤレスWANカードスロット

ワイヤレスWANカードスロットです。



Edge 15” サーマルスロットカバー

Edge 15”の底面右側にある、サーマルスロットカバーの下は・・



サーマルスロット内部

メモリスロット

メモリスロットが2つ。



Edge 15” ファン

ファンと、ファン左下にはCPUが設置されています。



Edge 15” HDD

下側にはHDD
HDDは、右に見える黒いタブを右方向に引くと簡単に外れます。



Thinkpad Edge 15”の外観や底面のパーツについては以上となります。

普通の15.6型モデルという感じの内容ですが、
背面左側に搭載されている Powered USB は便利です。

あと天板の艶々は見た目には綺麗ですが、擦ったりしてすぐに傷を作ってしまいそうなので、
やはり自分は光沢なしの方が良いと思います。

というわけで、Edge 15”のレビューはまだまだ続きます。