2010年11月9日に発表された NVIDIAの GeForce GTX 580 の発売記念イベントを観に、
秋葉原のドスパラ本店まで行ってきました。
(→ ドスパラ秋葉原本店前で GeForce GTX 580 のイベント

NVIDIA GeForce GTX 580 発売記念イベント

予定的に行くのは無理だと思っていたのですが、予定が変更したため、
仕事を早めに切り上げて秋葉原まで行ってきました。


ドスパラ秋葉原本店

イベント案内

ドスパラ本店前では、イベント案内を配布。



GTX 580

ミニカイロ

イベント案内に、ミニカイロのおまけつき。
屋外でのイベントだからとの事です。

ちなみに急いで家を出てきたのはいいのですが、早く着き過ぎてしまい・・
暫くドスパラ店内を見たり、ドスパラ前のソフマップを見てまわったりして時間をつぶしました。



イベントが始まります。

スティーブン・ザン氏によるプレゼンテーション

NVIDIAのスティーブン・ザン氏

NVIDIA社のスティーブン・ザン氏によるプレゼンテーションです。
Thinkpadユーザーイベント時にも、オプティマス解説のプレゼンをお聞きしました。



というわけで、まずはGTX 580の解説から。
ですがうっかりレコーダーを忘れてしまい、何を話していたのかすっかり忘れてしまった為、
画像だけ掲載します。(画像も画質が悪く、細部が良くわからないですがご了承下さい)

かなり画像多めです。

GTX 580の解説

GTX 580のスペック

GTX 580のスペック。



GTX 580 比較表

他グラフィックスとの比較です。



グラフィックス比較

パフォーマンス比較

従来のGTX480との比較。



パフォーマンス・パー・ワットが向上

ワット当たりのパフォーマンスが向上したとの事。



続いてGTX 570の解説。
こちらは2010年12月7日に発表されたばかりのGPU。

同日にドスパラが、このGPUを搭載した新製品 Prime Galleria ZB と Prime Galleria XFをリリースしています。
(→ GTX 570搭載の Prime Galleria ZB と Prime Galleria XF が登場



GTX 570の解説

GTX 570の解説

GTX 570スペック

GTX 570スペック

GTX 570のスペック。



GTX 470と比較して・・

GTX 470と比較し、パフォーマンスが25%向上しているとの比較表です。



競合のフラッグシップモデルと比べて・・

同じく競合のフラッグシップモデルと比較して、高速である事を示すグラフ。



高い静音性を実現

GTX 285よりも高い静音性を実現・・との事ですが、
表ではGTX 570ではなく580になっています。

いずれにせよ、GTX 580 同様 GTX 570 も従来のモデルと比較して静音性に優れています。



GTX 570のデザイン

デザインについての解説。
GTX 580、GTX 570にはベーパーチャンバーという冷却ソリューションを採用しており、
クラスで最も高い静音性を実現しています。



次世代のジオメトリ表現

Endless City

Endless Cityというグラフィックのデモ。
グラフィックスの性能を美しい映像で体験する事のできる、NVIDIAのコンテンツです。

NVIDIAのサイトより無料でダウンロード可能。



Endless Cityデモ

Endless Cityデモ

GTX 580のテッセレーション能力や計算処理能力を、余す事なく発揮できるデモ。



Battle of ALIEN VS TRIANGLES

こちらも同じくNVIDIA提供のデモ「Battle of ALIEN VS TRIANGLES」。



Battle of ALIEN VS TRIANGLESデモ

多次元テッセレーションを用いて描画された敵を、ビームのようなもので破壊するデモなのですが、
ビームを打った箇所だけテッセレーションが変形し、画像では骨が見えています。

破壊された場所、負傷した場所などを正確に変化させる事が出来るそうです。
テクノロジは素晴らしいですが、少し可哀想かもしれません。



Shade 3D ブラウザの紹介

こちらはイーフロンティア2010年12月3日より公開すると発表した「Shade 3D ブラウザ」。

NVIDIA 3D Vision対応の、3DCG 立体視コンテンツを閲覧する事ができるビューアプログラムで、
Google SketchUp形式のデータ読み込みにも対応。

Googleの10万点を越える3DCGデータを取り込み、3D立体視表示を楽しむ事ができます。



3D Vision専用メガネ

というわけで、専用メガネをお借りして3D映像を観ます。



Shade 3D ブラウザによるデモ

Shade 3D ブラウザによるデモ2

Shade 3D ブラウザによるデモ3

3DCGデータは好きなように回転させたり拡大したり、
様々な角度から楽しむ事が可能です。

映像はこの他にも観たのですが、観るのに必死で写真はなしです。



3Dゲームの準備

3Dゲームの準備中。



3Dゲーム体験

3Dゲーム体験

参加ユーザーが3Dゲームの試用版をプレイしています。
なんと言うタイトルだったかは忘れました。

3Dメガネをかけて横から観ましたが、けっこう面白いです。

3Dの度合いは弱くしたりきつくしたりできるそうで、
きつくするとよりくっきりとした3D映像を楽しむ事ができます。


・・このような感じで暫くの間見学した後、キリがなさそうだったので退散しました。
屋外でのイベントなので寒くて死にそうです。

ミニカイロでは間に合わない寒さでした。



ちなみに

NVIDIAチップ入りキーホルダー

今回のイベント参加者へのプレゼントとして、キーホルダーを貰いました。



NVIDIAチップ入りキーホルダー

NVIDIAのチップ入りキーホルダーです。
本当にチップが入っています。



イベントは以上のような感じの流れでした。
グラフィックスの詳細は調べればいくらでも出てくると思います。

一応今回、NVIDIA、Palit、ドスパラの3社合同のイベントとの事で、
Palit社製のGTX 580搭載グラフィックカードの解説などもありましたが、
メインはやはり3Dのデモや3Dゲームのプレイで、色々と体験できて面白いイベントでした。
(これが屋内だったらもっと良かったんですが)


ちなみに帰り、秋葉原のどこかでご飯を食べて帰ろうと思っていたのですが、
体が冷えて頭が痛かったので、真っ直ぐ家に帰りました。

月末のイベントも来れるでしょうか?