2010年12月8日 ドスパラより販売が開始された、
FF XIV 推奨認定「 Prime Galleria ZX580 」の詳細です。

このZX580、ガレリアでは2台目のGTX580搭載デスクトップPCで、
性能的には少し前にリリースされたGTX580搭載マシン Galleria ZX-E Maelstrom よりも下ですが、その分安価。

それでいて、最新の3Dゲームはどれも余裕でこなせる構成内容となっています。

Prime Galleria ZX580

プロセッサにはCore i7-950、メモリ6GBに1.5TBのHDD、グラフィックスには最新のGTX580を搭載し、
DVDスーパーマルチドライブなども装備。

カスタマイズではSSDやブルーレイドライブ、Core i7-980X Extreme Edition、2台までHDD追加が可能です。
(Maelstromは基本でSSDやブルーレイドライブ、Core i7-980X搭載)

拡張性等はMaelstromよりも落ちますが、
基本構成価格はその約半分と、性能&コストパフォーマンスを重視したモデルです。


ちなみに現在、ドスパラでは「メモリ倍増激安キャンペーン」というキャンペーンが開催されているのですが、
この「 Prime Galleria FF XIV 推奨認定 ZX580 」もキャンペーン対象となっており、
標準6GBのメモリ→12GBのアップグレードをなんと+3,000円で行う事ができます。

このキャンペーン、いつまでやるのかは不明ですので、
ページにアクセスするタイミングによっては終了している可能性もありますが、
現時点(2010年12月9日)では、非常に安価な価格でメモリのアップグレードを行う事が可能ですので、
大容量メモリ搭載を検討されている方は要チェックのキャンペーンです。

というわけで以下、FF XIV 推奨認定の Prime Galleria ZX580 の主な構成です。


【Prime Galleria FINAL FANTASY XIV 推奨認定PC ZX580の主な構成】

OS: Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ: Core i7-950(3.06GHz、TB時最大3.33GHz/L3 8MB)
チップセット: X58 Express
グラフィックス: GeForce GTX580(1536MB)
メモリ: 6GB(PC3-8500/最大24GB)
ストレージ: 1.5TB(7200rpm)
光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
主なインターフェース: 
LAN、USB 2.0×7、PS/2×2、eSATA×1、DVI×2、MiniHDMI×1、
ライン入力×2、ライン出力×4、LAN、IEEE1394、マイク入力×1、ヘッドホン出力×1
拡張スロット: PCI Express x16×2、PCI Express x1×2、PCI 2.0×2
拡張ベイ: 5 インチ×4、3.5 インチオープン×2、3.5 インチシャドウ×4
サイズ: W192×D511×H436(mm)
重量: 約13kg

価格: 149,980円(税込)~

Galleria ZX-E MaelstromはSSDを標準搭載している為、どうしても最小構成価格が高くなってしまうのですが、
今回の Prime Galleria FF XIV推奨 ZX580 はSSDの選択肢はあれど固定仕様ではないので、
ややコストを抑えたGTX580搭載マシンが欲しいという方向けの製品とも言えそうです。

最新の構成で約15万~は安価。
ベンチ結果等はまだ出ていませんが、3D関係のパフォーマンスもかなり期待できるでしょう。