少し前に発表された、日本HP の個人向けノートPC 2010年冬モデル新製品、
HP ENVY14 Beats Edition のレビューです。

この HP ENVY14 Beats Edition については少し前にも簡単なレポートを掲載したのですが、
今回の記事より HP ENVY14 の実機を使用し、より詳しいレビューを掲載していきたいと思います。

HP ENVY14 専用の内箱

このENVYというブランドは、今年の冬にHPの製品ラインアップに加わった新しいシリーズで、
今回リリースされた HP ENVY14 Beats Edition は、個人向けノートPCの中では最上級にあたるモデル。

現在レビュー継続中であるプリンター(複合機)の一つ、ENVY 100 もこのシリーズの製品で、
両者はカテゴリーやコンセプトは異なるものの、共通してデザインを重視しています。

掲載の写真を見れば分かるように、箱だけを見ると一体何が入っているのかと思わせるような風貌で、
それに加えて専用のスリーブケースなど、様々な部分に高級感を演出。

これまでの製品とは、また違ったユーザー層をターゲットにした製品だという事が伺えます。

というわけで、今回はまだ届いたばかりですので、
簡単に製品の付属物や外観などの写真を掲載してみました。


HP ENVY14 箱の様子

HP ENVY14 の箱の様子。
ブランドのバッグや靴なんかが入っていてもおかしくなさそうな感じの箱です。

ENVY×Beats by Dr. Dre の専用箱とあります。



HP ENVY14 箱を開けてみる

早速蓋を開けてみます。



HP ENVY14 箱の中身

一番上にはスリーブケースに入ったマシン、その下に説明書やコード類が収納されています。



HP ENVY14 内容物

中に入っていたものを並べてみました。



HP ENVY14 スリムACアダプター

スリムACアダプター

ENVY14 のスリムACアダプター
HPの新製品発表会でも目にしているのですが、非常にスリムです。



HP ENVY14 スリムACアダプターの側面

側面にはUSBポートが搭載されています。
これは便利。



HP ENVY14 付属のSDメモリーカード

SDメモリーカードが付属しています。
一体何かと思いましたが、ENVY14 のユーザーガイドファイルが入っています。

こういう部分も、他のシリーズとは違います。



HP ENVY14 説明書等

SDメモリーカードがくっついたケースの中には、
諸々の説明書や注意書きなどが入っていました。



HP ENVY14 専用スリーブケース

HP ENVY14 の専用スリーブケース
マイクロファイバー製との事で、やはりこちらも高級感を演出しています。



HP ENVY14 トップパネル

ENVY14 のトップパネル。
マットな質感のブラックの天板の中央には、赤いBeatsAudioのロゴがプリントされています。

このような、コントラストのはっきりとした配色は好みです。



HP ENVY14 背面斜め

背面斜めから。



HP ENVY14 横から

ENVY14 を横から。
結構スリムです。



HP ENVY14 キーボード

ENVY14 は、他シリーズと同じようにアイソレーション型のキーボードを採用しています。

キーの印字がENVY仕様になっており、
後々掲載しますが、このモデルならではのちょっとした機能も搭載しています。



HP ENVY14 液晶は光沢

ディスプレイには14.5型(1,366×768)の液晶を搭載。
光沢パネルです。



HP ENVY14 底面

ENVY14 の底面。
何だかすっきりしているなと思ったら、ネジが一つも見当たりません。

デザイン重視のモデルではありますが、細部まで徹底しています。



HP ENVY14 底面

バッテリーカバーを開閉。
カバー内にはHDDベイとバッテリー

バッテリー下にはSIMスロットなんかも搭載されています。



HP ENVY14 バッテリー

ENVY14 のバッテリーです。
約6.5時間のバッテリー駆動が可能との事です。

ちなみに、オプションのスリムバッテリーでは約13時間駆動が可能だそうで、
このサイズで13時間はすごいと思います。



HP ENVY14 Beats Edition の 写真は以上です。

次回の ENVY14 の記事より、製品の様子や使用感などをより詳しく掲載していきたいと思います。
興味がありましたら、次記事もご覧下さい。