2010年11月30日(本日)レノボ・ジャパンより、
これまでウェブのみの販売であった Thinkpad Edge 11”の量販店モデルが発表されました。

販売開始予定日は2010年12月10日(金)

Thinkpad Edge 11”

今回発表されたThinkpad Edge 11”量販店モデル、
構成はハイエンドパッケージにいくつかのオプションを追加した内容となっており、
Edge 11”ではパフォーマンスは高い方です。

この Edge 11”、レビューでも何度も述べているように、
自分はとても使い勝手の良い、モバイルPCとして魅力のある製品だと思っています。

今回の量販店モデルは、非常にバランス(価格・機能・性能)の良い構成となっており、
通常だと量販店モデルよりもウェブモデルの方がお勧めだと言っているのですが、
このモデルはかなり人気が出るのではないかなあと思います。

ウェブはクーポンがありますし、SSDなども選択可能ですので、価格にもよりますが・・


というわけで以下、今回発表された Thinkpad Edge 11”の主な構成です。


【Thinkpad Edge 11”量販店モデルの主な構成】

OS: Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ: Core i3-380UM(1.33GHz)
メモリ: 最大4GB
ストレージ: 250GB HDD(5400rpm)
グラフィックス: HD グラフィックス
ディスプレイ: LEDバックライト搭載 11.6型HD(1366×762)、光沢あり
無線機能: Centrino Advanced-N + WiMAX 6250、Bluetooth
バッテリー: 6セル(バッテリー駆動:約6.5時間)
重量: 約1.5kg(6セルバッテリー搭載)

カラーは、光沢なしのミッドナイト・ブラック、光沢ありのヒートウェーブレッドの2色、
Office Personal 2010の搭載、非搭載で、全4モデルが販売されます。

内容的に、上位のCore i3-380UM搭載、WiMAX搭載、6セルバッテリなど、
購入時、カスタマイズで選択される事が多いであろうパーツが搭載されています。

価格はオープンプライスで現時点では不明ですが、
Officeなしであれば大体8万強程度ではないかと思います。
※ウェブではその位で購入可。実際はクーポンがあるのでもう少し安価です。


冒頭でも述べましたが、発売開始は2010年12月10日(金)
Edge 11”が気になっている方はご覧になってみてはいかがでしょうか。

当サイトではEdge 11”のレビューも掲載していますので、
興味がありましたら、そちらも併せてご覧いただければと思います。