本日も関西(現在神戸)にいます。
(→ 関西へ帰省中

遅めの朝食を食べてしばらく休憩した後、遅めのランチに行こうという事になり、
神戸にあるお気に入りのカフェの一つ、レーブドゥシェフ という洋菓子店へ出かけました。

レーブドゥシェフ

この レーブドゥシェフ はケーキやアイスクリーム、
焼き菓子などを販売する神戸の洋菓子専門店で、神戸周辺に幾つかの店舗を展開しています。

訪問したのは垂水にある名谷本店で、併設のカフェではデザートの他、
サンドイッチやグラタンなどの食事メニューも提供。

東京のカフェなどと比べて、かなり安価な価格設定でありながら、
見た目も内容も味も非常にクオリティが高く、神戸に行くと毎回必ず訪問する店の一つなのです。

というわけで以下、本日のランチの記録です。


レーブドゥシェフ入り口

レーブドゥシェフは道路を挟み、向かいに広い駐車場を提供しています。

駐車場は広いので、余程混んでいない限りは駐車できると思いますが、
店と駐車場の間には歩道がなく、道路を渡ろうと思うと少し歩かなくてはなりません。

店の隣などに駐車場があれば便利なのですが、
まあ東京や大阪の駐車事情に比べれば全然便利です。


というわけで早速店に入ってテーブルにつき、メニューを確認します。

私ははじめ、ランチメニューと何かデザートを少し食べるつもりだったのですが、
メニュー内のデザートを見て気が変わりました。



レーブドゥシェフ メニュー

こんなパフェを見てしまっては、頼まずにはいられません。
丹波からの贈り物、というメニュー名通り、パフェには丹波栗がふんだんに使われているそうです。

ふんだん、というのがどの程度の事を指すのかは不明ですが、
写真を見る限りでは、栗系の素材の割合がかなり高そうです。

というわけで「丹波からの贈り物」というパフェを注文。



セットドリンク

オリジナルデザートを注文すれば、プラス263円でドリンクをセットに出来るという事で、
ホットコーヒーも注文しました。

冷たいパフェには暖かいコーヒーが美味しいです。

ちなみに私は普段、コーヒーはできるだけ控えるようにしているのですが、
最近は眠気覚ましという理由にかこつけて、コーヒーの摂取量がまた増えてしまっています。

でもケーキやパフェなどには、苦めのコーヒーがよくあっていて美味しいです。


そのような感じで注文後、しばらくしてから自分のメニューが最初に運ばれてきました。

丹波から贈り物

上でも述べましたが、「 丹波から贈り物 」という丹波栗をつかったパフェです。



マロンクリームとチュイル

パフェ上部には、マロンクリームがたっぷりと絞られた細長いチュイルが飾られています。



マロンクリームたっぷり

この部分だけでもかなりのボリュームです。
マロンクリームは栗の味のする濃厚な食感のもので、栗好きにはたまりません。



パフェ上部には沢山の栗

上部にはマロンクリームの他、生クリームや栗の甘煮、フルーツなどが飾られています。
栗は食感がホクホクと濃厚で、クリームと一緒に食べると非常に美味しいです。



パフェ内部にも沢山の栗やクリームやアイス

上部のクリームのすぐ下には、カットされた栗がゴロゴロ・・

栗は内部にもたっぷりと使用されており、かなり食べ応えがあります。
メニューに書かれていた「丹波栗をふんだんに・・」という説明は本当でした。



パフェの底にはゼリーや栗の欠片

パフェの底の方には、ゼリーが詰まっています。

本来であれば、このようなゼリーを使用したパフェは余り好きではないのですが、
このパフェは前半がかなり濃厚で食べ応えがある為、あっさり系の素材が美味しく感じました。

とまあ、パフェはこのような感じでした。


ちなみに、このレーブドゥシェフの併設カフェでは、
テイクアウト用に販売されているケーキを注文する事もできます。

というわけで・・



ショーケース内のケーキ

パフェに追加して、こんなケーキも注文してみました。
なお、店内でケーキを注文すると好みのアイスが一つ付いてきますとの事で・・



シェフからのプレゼント(アイス)

アイスはこの中から選ぶ事ができます。

バニラが大好きなのですが、先程のパフェの中には、
丹波栗やバニラのアイスが使用されていたので、今回は紫いものアイスを選んでみました。



渋皮栗のクリームパイとアイス

渋皮栗のクリームパイです。
値段はケーキそのものの料金のみで、テイクアウトよりもお得感があります。



紫芋のアイスとクッキー

紫いものアイスには、ナッツたっぷりのチョコレートクッキーが添えられていました。



渋皮栗のクリームパイ

渋皮栗のクリームパイは、上は渋皮栗、
下はサクサクのパイにたっぷりのクリーム。



渋皮栗

このケーキにも、渋皮栗がふんだんに使用されています。

サクサクとしたパイ生地に濃厚なクリーム、こってりとした栗の甘煮がたっぷり使われており、
パフェ同様かなり食べ応えがあります。

というか、食べすぎです。


私が食べたものは上記のような感じでした。
その一方で、他の人たちが注文したメニューはというと・・



フルーツinクロワッサンサンド

フルーツinクロワッサンサンド2

フルーツinクロワッサンサンド。

サクサクのクロワッサンに、旬のフルーツとカスタードや生クリームをたっぷり挟みこんだという、
名前そのままのオリジナルデザートです。



クロワッサンの間のクリームやフルーツ

その説明に全く嘘はなく、クロワッサンはサクサク、
そのクロワッサンにはフルーツやクリームがたっぷり詰まっていて、とても美味しいそうです。

これが525円って信じられないです。



抹茶御膳とフランボワーズアイス

私と同じく単品でケーキも注文。
抹茶御膳という和風のデザートに、フランボワーズ味のアイスクリームを組み合わせています。

この抹茶御膳は抹茶のムースにクリーム、そして求肥と小豆餡などが層状に重ねられており、
濃厚な和風デザートが好きな方にはたまらない一品との事。

写真を見ていたらお腹が空いてきました。


そして別のもう一人はというと・・

町でうわさのクリームパン

町でうわさのクリームパン2

「町でうわさのクリームパン」という、厚切りバターリッチパンとカスタードを組み合わせたデザートです。



厚切りバターリッチパン

中途半端な厚切りではありません。

これの選択者は、量が少なめで軽いものが良いという事でこのメニューを頼んだのですが、
全然少なくはありませんし、軽そうにも見えません。



カスタードクリームたっぷり

カスタードクリームはたっぷり。
バニラビーンズもたっぷりと使用されており、クリーム好きにはたまりません。

少しもらって食べてみた所、パンは普通に美味しいパンという感じですが、
クリームが生クリーム多めの濃厚タイプで非常に美味しいです。

マンゴーのオーガニックプリンとバニラアイス

軽めといいながらも私ともう一人に釣られ、デザートを注文。
マンゴーのオーガニックプリンとバニラアイスです。


とまあ、日曜のランチ・・というかデザートは上のような感じの内容でした。



レーブドゥシェフからの風景

店周辺はあまりごちゃごちゃと建物が建っておらず、
駐車場の向こうにはきれいな紅葉が見えます。

今年はまだ一度も紅葉を見に行ったりしていなく、
多分行かないだろうと思うので、これが見納めかもしれません。


この後、散歩でもしようと長田の方へ向かいました。
晩は食事の予約をしているので、少しでも動いてお腹を空かせなくてはなりません。



大きな地図で見る