昨夜、自分の妹の披露宴の終了後、母と祖母のいる実家の方へ寄り道しました。

お腹も全く空いていなかったので、少しだけ母や祖母と話をして、
何も食べずにケーキか何かを買って神戸の方へ戻ろうと思っていたのですが、
色々話し込んでいるうちに結構時間が遅くなってしまいました。

なので、近くで軽く食べようという事になり・・

鶴橋らーめん食堂 鶴心

訪問したのは「鶴橋らーめん食堂 鶴心」という、大阪のラーメンのチェーン。

あっさりしたものが良かったので、お寿司にしようと言っていたのですが、
店頭の看板にビビンパなんて文字を見かけてしまった為、急遽変更です。

後から考えると全然あっさりしていないどころか、どちらかというとこってりだと思ったのですが、
やや小腹が空き気味で何か食べたかったので、深く考えずに店に入りました。


鶴橋らーめん食堂 鶴心入り口

鶴橋らーめん食堂 鶴心の入り口。
石焼きビビンパの大きな提灯が店頭に飾ってあります。

石焼きビビンパと書いてあるからには、
石焼きでないビビンパもあるに違いないと勝手に思い込み、メニューもろくに確認せずに入店しました。



メニュー

メニューはそれほど種類がなく、ラーメンと簡単な定食(唐揚げや餃子などの)
そして石焼きビビンパが7~8種類に、その他キムチ等の副菜、小さなビビンパなどもありました。

鶴橋とあるとおり、やはり韓国料理を意識したメニュー内容となっています。
全体的にかなり安価です。

ビビンパは石焼きしかない事に気づき、ラーメンにしようかとも考えたのですが、
ラーメンは石焼きビビンパよりも気分ではありません。

という事で、写真の石焼きねぎたっぷりビビンパを注文しました。



石焼きねぎたっぷりビビンパセット

注文してから即行で出てきました。
石焼きねぎたっぷりビビンパのセットです。



石焼きねぎたっぷりビビンパ

石焼きねぎたっぷりビビンパは、
ネギたっぷりという割には下の具が透けて見えている・・

たっぷりというからには、あっと驚く位のネギを盛って欲しかったですが、
値段を考えると相応の内容、というかどちらかというと安価です。

トッピングでネギなどを追加できれば良いのになあと思います。



セットのキムチや卵

ビビンパの他、キムチや卵、わかめスープなどが付いてきます。
卵が別添えになっている所が嬉しいです。



ビビンパ内部

ビビンパは、ネギを避けるともやしやほうれん草のナムル、そぼろ、ご飯等が見えます。

ビビンパは石焼きじゃない方が好きだと述べましたが、
食べれば結構美味しいです。

自分的に、もう少し具沢山だったら嬉しいかなと思いました。



ちなみに連れはというと・・

鶴橋らーめんセット

この店のお勧めメニューである、鶴橋らーめんを注文。
さらにオプションの半チャーハンも追加です。



鶴橋らーめん

鶴橋らーめんは好みでスープや辛さを調整できます。

塩や醤油、こってりなど色々なタイプのスープがあるようで、
連れはスープは「こってり」、辛さは「標準的な辛さ」を注文。

トック(韓国の餅)が入っているのが美味しそうです。
(トックは結構好きなので、韓国食材の店などでちょくちょく買います)



ネギたっぷり

ネギたっぷり、上にはコチュジャン。

ネギが美味しそうで、こっちにすればよかったかなと思いました。
こうやって人のメニューが羨ましくなるのはいつもの事です。



半チャーハン

こちらは半チャーハン。
通常のチャーハンの2分の1バージョンです。

これ、ラーメンにオプションとしてつけることが出来るのですが、
そのオプション料金がなんと50円

何かの見間違えではないかと思いましたが、
本当に50円です。



そんな感じで、結構お腹一杯になってしまいました。
内容は価格以上という事はありませんでしたが、コストパフォーマンスは良いと思います。

ちなみに食事をすると甘いもの・・無性にアイスクリームが食べたくなったのですが、
時間が時間だったので、店を出てすぐに帰路に着きました。



梅田

梅田や新大阪駅周辺は、来るたびにどこかが変わっていて、
今や何が何だかよくわからなくなってしまいましたが、なんとなく懐かしいです。

もっとゆっくり遊びにきたいですが、ゆっくり休みがとれるのであれば、
どこか他の所に旅行に行きたいと思うので、中々実現しません。


ひどい寝不足だった為、帰りの電車ではずっとうつらうつらしてしまいました。




大きな地図で見る