昨日(2010年10月7日)、レノボ主催のF1ホスピタリティ・プログラムへの参加の為に、
名古屋に来ているという記事を掲載しましたが、先程自宅に戻りました。

鈴鹿サーキットでも記事を更新しようなどと考えていたのですが、
想像以上の環境に圧倒されてそんな事は一切忘れてしまい、結局一度もPCを開く事なく帰ってきました。

VIPチケット

とりあえず睡眠不足で少々疲れているため、今日は多分記事を更新する事はできないと思うのですが、
簡単に感想を述べると、本当にすごいの一言・・というか、
一言で言い切る事なんてできないのですが、本当にすごかったです。


自分が想像していた以上に楽しく、同じ参加者の方々にも仲良くしていただき、
このような素晴らしい機会を与えていただいた事に、レノボさんには心から感謝しています。

クラブ内

Thinkpad Tシリーズの広告


なお、また後ほど記事にしたいと思いますが、
帰りのバスでレノボさんに素晴らしいお土産(景品?)を頂きました。

良い事ばかりが続きすぎて怖いのですが、本当に嬉しいです。

プログラム内でもお土産を色々といただいたのですが、
そちらも後々の記事で詳しく掲載したいと思っています。

ちなみに、元々レノボ製品が好きな私ですが、
今回、ロードリック・ラピン社長や社員の方々と交流させて頂いた事により、
これまで以上に企業のイメージや製品に親近感を感じるようになりました。

そして現場を見て改めて感じたのは、やはりThinkpadは優れた製品だという事です。

というわけで、今回のF1ホスピタリティ・プログラムの内容の詳細については、
後ほど何記事かにわけて事細かく掲載していきたいと思います。


—————

帰り、名古屋駅で同じ参加者の数人と「味噌カツ」を食べて帰ってきました。
なんだか修学旅行みたいな感覚で、四六時中しゃべりっぱなしだったように思います。