前記事に引き続き、HP ENVY14 Beats Edition の性能詳細です。
(前の記事→ HP ENVY14 Beats Edition のデザインとインターフェースの詳細は

HP ENVY14 Beats Edition 右側から

HP ENVY14 Beats Edition は個人向けノートPCの中では最上位に位置するブランドとの事ですが、
現在HPで販売されているモデルはほぼ固定仕様で、性能に関係する部分のカスタマイズなどは行えません。

ですがそれなりの価格ではありますし、搭載されているパーツを見ると、
確かに高性能ではあるようです。

というわけで、今回はそのような HP ENVY14 Beats Edition の構成と、
パフォーマンスの詳細等について簡単に触れてみたいと思います。


下記、非常に見難い画像ですが、HP ENVY14 Beats Edition の主要な構成です。

HP ENVY14 Beats Edition 主な構成の詳細

【HP ENVY14 Beats Edition ウェブモデルの主な構成】

OS: Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ: Core i7-720QM(1.6GHz、TB時最大2.8GHz/L3 6MB)
チップセット: HM55 Express
グラフィックス: Radeon HD 5650(VRAM:1GB)
メモリ: 4GB(PC3-10600 DDR3 SDRAM)/最大8GB/スロット数2)
ストレージ: 640GB(7200rpm)
ディスプレイ: 14.5型HD(1,366×768)、光沢あり
無線機能: IEEE802.11a/b/g/n、Bluetooth
光学ドライブ: スロットイン方式のDVDスーパーマルチドライブ

価格: ¥139,650(税込)~

※スペックの詳細は、こちらのHP ENVY14 Beats Editionの記事にも記載しています。

上記の構成はウェブモデル(Directplusモデル)のもの。
量販店モデルには、Core i5プロセッサが採用されています。

冒頭でこのモデルは固定仕様だと述べましたが、
一応メモリや拡張バッテリー、サポート関連のカスタマイズオプションなどは用意されています。

ちなみに、Pavilion での最上位モデル dv7 には、
今回の ENVY14 よりもパフォーマンスの高いプロセッサや、
ハードドライブのオプションもSSD等が用意されていたりするのですが、
ENVYシリーズでもいずれ、より高性能なモデルが出るのだろうと思われます。




では次に、HP ENVY14 Beats Edition のエクスペリエンスインデックスのスコアです。

HP ENVY14 Beats Edition のエクスペリエンスインデックス スコア

プロセッサ  6.9
メモリ  5.9
グラフィックス  6.7
ゲーム用グラフィックス  6.7
プライマリ ハードディスク  5.9

基本スコアは、メモリとプライマリハードディスクの5.9
パフォーマンスはそれなりに高いです。

なお、上でも述べたように、今回のモデルは固定仕様ですので、
これ以上パフォーマンスを向上させる事はできませんが、
現在の構成でも性能は高めですので、用途などを考えると十分だと思われます。

ちなみに米国などでは、ENVY17などの別サイズのモデルも存在しているという事で、
今後、徐々にラインアップが広がり、カスタマイズ対応などの自由度も高くなっていくでしょう。

コンセプトとしてはPavilionよりも上のパフォーマンスとの事ですので、
どのようなモデルが登場してくるのか、今から楽しみです。


HP ENVY14 Beats Edition のデスクトップ画面

デスクトップのデザインには、HP ENVY14 Beats Edition 独自のものを用意しています。



Beats Audioの設定画面

Beats Audioの設定。
コントロールパネルより、アクセスする事が可能です。



Adobe Photoshop Elements8

Adobe Premiere Elements

Adobe Photoshop Elements、Adobe Premiere Elementsも標準でプリインストール。
(画像編集、動画編集を行うソフトウェア)

写真や動画を編集されるという方には、嬉しい内容だと思います。
音だけでなくメディア機能全般に拘った、HP ENVY14 Beats Edition ならではの仕様です。


今回の ENVY14 は約14万円近い価格のモデルですが、性能や機能、
ソフトウェアなどを総合的に考えた場合、自分が最初に思ったよりもコストパフォーマンスは良いという印象です。

何よりこのデザインは、現状のHPの個人向けノートの中では一番好みかもしれません。